涼風表紙

 

レビュー作品:『涼風』

2004年から2007年まで「週刊少年マガジン」に連載された高校の陸上部での活動をテーマにした恋愛漫画。中学卒業とともに広島から東京の高校に進学し、叔母の営む銭湯付きの女性専用マンションの一室に住みはじめた主人公秋月大和が、同級生の美少女朝比奈涼風と出会い、恋をするピュアラブ・コメディ!詳細レビューをご確認ください。
 

レビューしてくれた方

ペンネーム:電気イルカ さん
 

レビュー作品詳細

・作者:瀬尾公治
・出版社:講談社/週刊少年マガジン
・発売巻数:1−18巻 (完結済)

マンガのストーリー展開のサマリー&感想

この涼風という作品は、恋愛の要素を中心に置いた青春漫画になります。
高校生の若者が陸上部を通じて成長していく姿を描いています。
 
主人公の【秋月大和】は広島県出身で、東京の高校に進学をするのですが、入学前に自分が進学する高校の陸上部の練習をたまたま見て、そのときに走り高跳びの練習をしていた【朝比奈涼風】に一目ぼれします。
 

涼風1

 
【秋月】は【涼風】と仲良くなるにはどうしたら良いかを考え、自らも陸上部に入部することにします。そこで【秋月】と【涼風】は出会い、高校生活や陸上部を通じて、距離を縮めていくことになるのです。
本作のメインテーマは恋愛模様ではあるものの、陸上部での活動がストーリーの中心に置かれており、陸上部内における先輩やライバルなどのキャラも非常に秀逸で、個性豊かとなっています。
また、作品の連載当初は高校1年生からスタートしていましたが、最終的には大学進学に至るまで描かれているので、きちんと時間の流れも意識されており、そういった中で全てのキャラの成長が見られる点が読んでいて面白いと感じました。
 
さらに言えば、この作品で描かれている恋愛模様は【秋月】と【涼風】のみではなく、【涼風】のことが好きな【秋月】を好きになった陸上部マネージャーの【桜井萌果】やその【桜井】を好きになった陸上部員の【小早川健二】など、多様な登場人物の心理描写も細かく描かれています。
 
そういったところも含めて、高校生から大学生にかけての青春漫画として、私自身が読んでいた頃がちょうど高校生から大学生にかけてだったので、より面白く感じられました。
 

このマンガのおすすめポイント

・涼風という作品は画が特に綺麗です。
これは個人の好みにもよるかもしれませんが、作者の特徴が出ている部分で、個人的にはかなり好きです。
そして、ヒロインの涼風以外でも可愛いキャラが多く登場するので、そういったところも見どころの1つになります。
 

このマンガの気になる点

この作品は陸上部での活動もメインに置かれていますが、ある時期を境にして、陸上部での活動はあまり描かれなくなります。
秋月と涼風の恋愛模様が中心になっていくので、陸上が題材の1つにはなっているものの、陸上漫画とは言い難い面もあるので、そこに期待している人はあまり面白く感じられない可能性があります。

『涼風』を無料で読む方法

電子書籍ストアでは、一般的に無料で試し読みをすることができますが、一部しか読むことができませんよね。
これは裏技になりますが、あるサイトに登録をすれば、好きな漫画を1冊丸々無料で読むことができるんです。

そのサイトというのが、怪しいサイトではなく動画配信サイトとして有名な『UーNEXT』です。
『UーNEXT』は、実は動画配信だけではなく、雑誌の読み放題や電子書籍の漫画や書籍の提供もしていて、
新規会員登録(無料)をすると、31日間の無料で動画や雑誌を楽しむことができ、さらに600円分のポイントもらえるんです。

このポイントを使えば、『涼風』の欲しい1冊だって無料で買うこともできますよ♪

 

▼ 無料の会員登録はこちら ▼