ぼくらの 鬼頭莫宏

レビュー作品:『ぼくらの』

過去にテレビアニメ化、小説化もされた鬼頭莫宏によるSF漫画作品『ぼくらの』。夏休み、過疎地の村へ“自然学校”にやってきた少年少女15人が謎の男と出会い、彼が作ったゲームをやることに。。。その日の夕刻、大きな物音と共に巨大ロボットが現れて…この作品のあらすじ&作品レビューをご確認ください。

レビューしてくれた方

ペンネーム:まにまに さん

レビュー作品詳細

・作者/鬼頭 莫宏
・出版社: 小学館/月刊IKKI
・発売巻数:1−11巻(完結)

『ぼくらの』のストーリー展開のあらすじ&感想

アニメにもなった鬼頭莫宏先生の作品です。
自然学校に参加した【宇白順】と【宇白可奈】を含む15人の少年少女達。面白いことはないかと海岸沿いを探索していた時に洞窟の中で謎の男・【ココペリ】と出会う。
そしてココペリにゲームに誘われる。そのゲームの内容は巨大なロボットのパイロットになり操縦して、襲ってくる敵を倒し、地球を守るというものだ。

ぼくらの 鬼頭莫宏

ただのゲームだと思った子供達は兄から除け者にされた【宇白可奈】以外の14人が、ココペリとゲームに参加する契約の儀式を行う。
しかし、その日の夜、ゲームではなく現実に黒い巨大なロボットが出現してしまう…。
15人が毒舌なマスコットキャラ【コエムシ】に転送され、コックピットに入り、ココペリによる戦闘が始まるが…。

【宇白順】と【宇白可奈】の名前を書きましたが、この作品は群像劇なので二人が主役という訳ではありません。
巨大ロボットとパイロットに選ばれた少年少女といえば王道なイメージがありますが、このロボットは搭乗したパイロットの命を原動力としてします。
つまり乗ったら例外なく死にます、そして負けた場合地球が滅びます。

そんな過酷な状況の中で、立派に戦う子や逃げようとする子などの子供達の姿と、そして周囲の大人達も含めた生き方を描いた作品です。
個人的にこの作品の良いなと思う所は、ちゃんとした大人が出てくる所です。
子供が主役のロボット漫画は大人が存在感がなかったり、まともな人が居なかったりしますが、この作品は数多くのしっかりとした大人が出てきます。
だからこそ、過酷な運命に翻弄されるのではなく、過酷な運命と向き合う姿が描ける土台があり、しっかりと骨のある話になっています。

このマンガのおすすめポイント

ジアースのパイロットに選ばれた少年少女たちの視点で見ても楽しめますが、大人の方に感情移入にしてもかなり感動できます。
もし10代だったら今読んで、10年後に読み返せば二度楽しめること間違いなしです。
あと最初はムカつくであろうコエムシですが、最後まで見ると印象が変わると思いますよ。

このマンガの気になる点

好みの別れる設定と好みが別れる絵柄なので面白い作品ですが、万人受けはしないと思います。

『ぼくらの』をたったの5円で読む方法

電子書籍ストアでは、一般的に無料で試し読みをすることができますが、一部しか読むことができませんよね。
これは裏技になりますが、あるサイトに登録をすれば、好きな漫画を1冊丸々無料で読むことができるんです。

そのサイトというのが、怪しいサイトではなく動画配信サイトとして有名な『UーNEXT』です。
『UーNEXT』は、実は動画配信だけではなく、雑誌の読み放題や電子書籍の漫画や書籍の提供もしていて、
新規会員登録(無料)をすると、31日間の無料期間でドラマや映画や雑誌、ムフフな動画も楽しむことができ、さらに600円分のポイントもらえるんです。

このポイントを使えば、『ぼくらの』のお好きな刊をたったの5円で買うこともできますよ♪

▼ 無料の会員登録はこちら ▼