いぬまるだしっ表紙

レビュー作品:『いぬまるだしっ』

2008年から2012年に週刊少年ジャンプで連載された幼稚園を舞台にしたギャグ漫画『いぬまるだしっ』。またたび幼稚園すみれ組に新しく赴任してきた【たまこ先生】といつも下半身丸出しの園児【いぬまるくん】が織りなすドタバタコメディー。・・・詳細レビューをご確認ください。

レビューしてくれた方

ペンネーム:0dash さん

レビュー作品詳細

・作者:大石浩二
・出版社: 集英社/週刊少年ジャンプ
・発売巻数:1−11巻 (完結済)

マンガのストーリー展開のサマリー&感想

パンツをはかない園児【いぬまるくん】と新任の幼稚園教師【たまこ先生】と幼稚園の園児たちが織り成す痛快ギャグ漫画です。

【たまこ先生】は幼稚園の新任の先生で、初出勤日にチャらいギャル男風の運転手が運転する送迎バスに乗り、園児たちを送迎していました。
すると、パンツをはかないで、あいのり風にプラカードを持っている園児【いぬまるくん】を発見。
普通の園児と明らかにオーラが違う。いぬまろくんという犬の形をしたバッグを持っていたり、何よりパンツを履いていないことをさも当然のようにバスに乗車していたのです。
園に着いてからは、さらに【いぬまるくん】に振り回されていきます・・・・。【たまこ先生】は大丈夫なのでしょうか・・・・。

いぬまるだしっ1

この漫画には2人以外にもノリが良く、身体も張る【園長先生】。いろいろ災難にあういじめっこの【ふとしくん】。すこしませた女児【すずめちゃん】。合コンにむけて、化粧で若作りに必死なアラサーの【みなみ先生】など濃いキャラたちが数多く登場するところも魅力の一つです。

そして連載されていた2010-2012年ごろの時事ネタを交えたギャグや画風を変えてのギャグ、シンプルなダジャレ、【いぬまるくん】のボケと【たまこ先生】のツッコミが漫才のように繰り広げられる様子、同じギャグを重ねてくる天丼で笑わせてくるなどギャグのレパートリーも豊富でいろいろな意味で笑えます。

ギャグ漫画や深夜のお笑い番組のノリが好きな方、一昔前の時事ネタにクスリとしたい方などにお勧めです。連載当初に読んでいた頃も笑えましたし、今もたまに思い出したかのようにみても面白いマンガです。

このマンガのおすすめポイント

・1話完結のギャグ漫画なので、気軽に読めます。
・漫才のノリで展開が進むため読んでいて面白いです。【いぬまるくん】と【たまこ先生】がいいキャラをしています。
・いろいろなジャンルのギャグを取り入れており、それぞれが面白いです。

このマンガの気になる点

無し

『いぬまるだしっ』を無料で立ち読みするなら、eBookJapan がオススメ

▼ サイト内で『いぬまるだしっ』で検索 ▼