• このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

『昭和の中坊』の舞台は1970年代後半の日本。ネットや携帯電話はもちろん存在せず、ビデオも普及していない。日本一の高層ビル(当時)・池袋のサンシャイン60が建ち、キャンディーズが解散し、TVドラマ「3年B組金八先生」シリーズがスタートした頃のお話だ。
主人公はサエない・モテない”昭和の中坊”たち。まだまだ性に関する情報が閉鎖的な中、少年たちは一体どうしていたのか? 滑稽で懐かしい性の奮闘劇を描いたのが同作品だ。
2014年4月19日に『昭和の中坊』新装版が発売されたことを記念し、原作の末田雄一郎先生と作画の吉本浩二先生に、作品について振り返るとともにご自身の中坊時代について伺った。
[取材・執筆=川俣綾加(マンガナイト)]

▼プロフィール
末田雄一郎
東京都出身。1998年に『つれづれなるがパンク』がアフタヌーン四季賞佳作を受賞しデビュー。『昭和の中坊』(双葉社)、『駅員ジョニー』(講談社)、『蒼太の包丁』(芳文社)など数々のマンガ原作も手掛けている。「漫画ゴラク」で『ハルの肴』を連載中。

吉本浩二
1973年生まれ、富山県出身。代表作に『昭和の中坊』シリーズのほか、『日本をゆっくり走ってみたよ~あの娘のために日本一周~』(双葉社)、『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~』(秋田書店)など。「@バンチ」で『カツシン』(新潮社)を連載中。

エロ情報を持っている者が偉い!

—— 『昭和の中坊』の中で、印象に残っているエピソードはどれですか?

吉本浩二さん(以下、吉本) 1巻の「ラペ矢島の乱」、3巻の「と・き・め・き!! 初デート」、あとは川原に落ちているコンドームを見に行く「英雄コンドーム」(1巻)が好きですね。
(c)末田雄一郎・吉本浩二/双葉社

(c)末田雄一郎・吉本浩二/双葉社

末田雄一郎さん(以下、末田) コンドームを見に行くのも実際にあった話なんですよ。グラウンドのベンチ横に破れたコンドームが落ちてて、「ここで実際にコトに及んでいた!!??」と衝撃でした。みんな近づくのが怖いから遠巻きに見たり、棒でつついたり……あの話、ラストでカラスにコンドームがさらわれるのは吉本先生のアイデアでしたね。カラスが川にコンドームを落として、ニゴシたち3人が敬礼して見送るのは本当にいい絵でした。

吉本 映画「泥の川」をオマージュしてみました。

—— 「交際公園」(2巻)のように、わざわざ先生が指示して男女グループで出かける話はあの頃よくあったことなんですか?
(c)末田雄一郎・吉本浩二/双葉社

(c)末田雄一郎・吉本浩二/双葉社

 

 

末田 いえ、あれはたまたま担任になった女教師が「ジェンダーフリーだ!」なんて言い出して、男女の垣根を無くして仲良くしてこい! とクラスの男女数人が上野動物園に出かけたのを思い出してシナリオにしたんです。あの頃は男女出かけるなんてセンセーショナルで、「あいつらもうヤッたんじゃないのか!?」なんて噂してました。

——いくらなんでも発想がぶっとびすぎですよ!(笑) つまりはそれくらい男女交際や性の情報が無かったということですね。
末田雄一郎先生

末田雄一郎先生

末田 もう見たくて情報が欲しくてしょうがなかったですもん。だからエロ本を持っていたり、エロに詳しいヤツが偉かった。

—— 吉本先生はどうやって色んな情報を入手していたんですか?

吉本 僕は富山県出身でしたが、一応『昭和の中坊』の舞台(世田谷区)みたいに市街地にエロ本の自販機はありました。小銭じゃないと買えないんで、コンビニもない当時はわざわざお札を小銭にするために電車の券売機で券を買ったり。あとは年の離れた兄がいたので、兄の部屋にあった本で……という感じです(笑)。

末田 僕は妹がいたので、エロ本の隠し場所は悩みました。
吉本浩二先生

吉本浩二先生

吉本 一度兄に本を見ているのを見つかったことがあるんです。お互い固まっちゃって、1分間くらい見つめ合っていました。

末田 えええっ(笑) それ大事件ですよ。でも同性の兄弟なら「性癖がバレた!」という部分がショックなだけだけど、異性の姉妹は、そういうものを持っているだけで軽蔑の対象だから違った気まずさがあります。団地の屋上の貯水タンクの下に隠したり、植え込みに隠したり、最終的に缶に入れて土に埋めたりして。もう、財産みたいなもので「こんなすごいエロ本を持っているのは全国で俺だけだ!」と本気で思っていたから執念で隠していました。バレてたと思うけど。

—— 兄弟なのか、姉や妹がいるのか、すごく大きいですよね。

末田 そうです。中学に来た男性の教育実習生、つまりは大学生なんですが、近所だったので遊びにいったら秋吉久美子のヌードのポスターを貼ってたんです。当時、映画では脱いでいましたがテレビではまだ清純はだったから、同級生に「秋吉久美子のヌードポスターを見た」といったら「そんなことあるわけねえだろ!」と言われ、それが元で殴り合いのケンカになりました。

吉本 今みたいにわからないことがあったらネットで検索とか、できないですからね。

末田 情報を手に入れるのも、学校の性教育も今みたいにオープンじゃなかったから、女子は講堂に集められて何か教えてもらっていたと思うけど男子はサッカーしていました。自力でなんとかするしかない。

吉本 たまたま女子の机にあった保健体育の教科書を見たら、「陰茎」にマーカーが引いてあって、すごく興奮しました。

末田 それで好きになっちゃったりね。たまたま体育の着替えの時間にうっかり教室に入っちゃって、一番きわどい脱ぎ具合の女子を好きになったり。

—— 最後に、『昭和の中坊』新装版の発売にあたり、まんがStyle読者にメッセージをお願いします。

末田 「かつて、日本にこんな時代があった……」とプロジェクトXを見る気持ちで読んで頂きたいです。エロの挑戦者たちのドキュメンタリーみたいなもの。エロ本の自販機に100円玉を入れるなんてあさま山荘をモンケンで破壊するくらいの勝負でした。そんな時代のことを、若者には新鮮な気持ちで、同世代にはなつかしく感じてもらえると思います。

吉本 若い方からすると、ちょうど親世代が中学生だった頃のお話です。「お父さんやお母さんの青春時代ってこんな感じかな」なんてちょっと親しみがわく感じになれると思うので、是非読んでみてください。
 

 

—— どうもありがとうございました!
[取材・執筆=川俣綾加(マンガナイト)]


関連記事:

関連ニュース

関連まんが