• このエントリーをはてなブックマークに追加
オンナミチ

北沢バンビ(きたざわ ばんび)プロフィール

1979年東京都生まれ。2004年、別冊コーラスSummer号(集英社)に掲載された「シンデレラエクスプレス」でデビュー。
発売中の単行本は「ぐーたんファミリー」(秋田書店)「TRASH」、「シークレット」(祥伝社)「永田町ワールドフェイマス」全2巻(集英社)「ハリセンボンのOLちゃんダイアリー」(ヨシモトブックス) 現在はビッグコミックスペリオール(小学館)で「オンナミチ」を連載中。1集~3集発売中。
漫画以外にも、CDジャケットのイラストなども手がけている。


■公式サイトはこちら
■twitterはこちら
■「オンナミチ」のFacebookはこちら

2月28日に「オンナミチ」4集(小学館)を発売予定!
↓北沢バンビ先生がジャケットを描かれたCD「TEARS IN R&B」も発売中!

  • まんが道
    まんが道を買う

    1位まんが道:藤子不二雄A


    ■先生のコメント
    漫画家を目指す少年の話ですが、仲間を持つことの大切さはどの世界にも通じる話だと思います。
    主人公の満賀道雄はダメなところもあるキャラクターなのですが、だからこそ安心したし共感もしました。ダメな満賀道雄が頑張る姿に、ダメでも頑張って生きている人がいるんだ!と勇気付けられます。
    この作品を読むと初心に返ることができるので、今後も元気が欲しいときに何度も読み返すことになると思います。


    ■内容
    漫画家“藤子不二雄”の自伝的まんが狂青春歌!小学生時代の藤子不二雄A(作中名:満賀道雄)と藤子・F・不二雄(作中名:才野茂)の出会いに始まり、漫画家を志しての上京、トキワ荘での日々、漫画家駆け出し時代までを描く。
    手塚治虫、赤塚不二夫、石ノ森章太郎らそうそうたるメンバーも登場!


  • 街の灯を買う

    1位街の灯:上村一夫


    ■先生のコメント
    この作品には、20歳の頃に出会いました。
    短編集なのですが、描かれた女性キャラクターは、皆、悲壮感が漂いつつも根底に強さを持っていて、とても魅力的です。
    上村先生の作品には、こんな女の人になりたい!が詰まっています。
    大人になってこういう作品を読めて良かったと思いますし、読者としての漫画の楽しみ方を増やしてくれた作品です。


    ■内容
    消し壷、こおろぎ、雪の音、たまご舟、などを収録した上村一夫による短編集。



  • 黄昏のニキータちゃん2010を買う

    1位黄昏のニキータちゃん2010:桜沢エリカ


    ■先生のコメント
    桜沢先生の作品に出会ったのは私が中学生のときでした。
    それまで読んで来た少女漫画に登場するキラキラした王子様に対して、「こんな人は現実には存在しない!」とどこか冷めた気持ちもあったのですが、先生の描く男性は、「リアルにいるかも!」と思わせてくれるものでした。
    作品に出てくる大人の世界観は、子供だった私にとって憧れの世界 ―――
    当時、ファッションや音楽に興味が出てきて、漫画を読む事から離れそうになっていましたが、先生の作品は漫画の世界に繋ぎとめてくれるものでした。
    この「黄昏のニキータちゃん2010 」も、素敵な恋、ファッション、仕事、大人の女性の憧れが沢山詰まった大好きな作品です。


    ■内容
    35歳の艶女・華子をめぐるラブコメディ。恋愛漫画界のカリスマが、雑誌NIKITAで連載した漫画の単行本化。



関連記事:

関連ニュース

関連まんが