• このエントリーをはてなブックマークに追加
h1iamge_003
    ※28日から1日まで毎日名言追加予定です!

    2013/10/28 : 覚悟のススメ◆秋田書店◆山口貴由◆6巻より
    2013/10/29 : シャーマンキング◆集英社◆武井宏之◆32巻より
    2013/10/30 : 餓狼伝◆スコラ社◆作:夢枕獏、画:板垣恵介◆1巻より
    2013/10/31 : ブラックジャックによろしく◆講談社◆佐藤秀峰◆4巻より
    2013/11/01 : サルチネス◆講談社◆古谷実◆3巻より

  • 28月曜日

    当方に人間の尊厳有り!覚悟のススメ◆秋田書店◆山口貴由◆6巻より

     核戦争後の荒廃した世界を舞台に描かれる、ヒーローアクションの怪作『覚悟のススメ』

     人類を守るため、圧倒的多数の敵を相手に戦い続ける葉隠覚悟の活躍を描いた本作。
     あまりに独特な世界観と台詞の数々は、一度読み始めると病み付きになってしまう。

     主人公である葉隠覚悟(はがくれかくご)が、現人鬼の葉隠散率いる不退転戦鬼(ふたいてんせんき)との戦いの中で、実兄で現人鬼(あらひとおに)言ったひとこと。
     化け物との戦いの中でも、葉隠覚悟は常に諦めることなく、かつ堂々と振る舞う。
     人間の尊厳があるからこそ、清く正しく、苦しい戦いに挑み続けたのである。

    POINT:誰にでも人間の尊厳はある。だからこそいくらでも強くたくましくなれるはずだ。
  • 29火曜日

    オイラ達の戦いはこれからだ。明日勝つために寝るぞーっ!!!シャーマンキング◆集英社◆武井宏之◆32巻より

     1998年から2004年まで週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もされた人気作『シャーマンキング』

     全知全能のシャーマンキングを目指す者たちの戦いを描いた『シャーマンキング』。
     宇宙規模まで物語が広げられたまま未完で終わった不思議な一作。
     ※物語はその後書き下ろしで補完されています。

     自他共に認める「ユルい」性格の麻倉葉(あさくら よう)が、仲間と共に寝るときのひとこと。
     最終決戦を前に体力を回復するため、仲間へ言った言葉。
     圧倒的な強さを誇る麻倉葉王(あさくらはお)を倒すための過酷な道中での休憩……なのだが、このひとことの次のページで連載は終了した。

    POINT:俺たちの戦いはこれからだから、今日は寝よう! という脱力感が素敵
  • 30水曜日

    ここでイチバン強い奴と勝負させてもらえるかい餓狼伝◆スコラ社◆作:夢枕獏、画:板垣恵介◆1巻より

     『グラップラー刃牙』で知られる板垣恵介氏が格闘技の世界を描いた夢枕獏氏の小説『餓狼伝』を漫画化。

     「強さとは何か?」をテーマに常に「強さ」を求め続ける誇り高い男たちの群像劇『餓狼伝』。

     これは、武者修行中の主人公丹波文七(たんばぶんしち)のひとこと。
     プロレス道場に道場破りを仕掛け、屈強なレスラー達の前で丹波文七は臆することなく勝負を求める。
     堂々と道場破りした割には、丹波文七は主人公なのにあっさりと負けてしまう。
     しかしその屈辱をばねに修行を積み重ね、一流から超一流の格闘家へと生まれ変わった。

    POINT:自信を打ち砕かれるということは、今よりもさらに強くなれるきっかけにもなりうるということだ。
  • 31木曜日

    あなたなら育てられる!!だからあの子はあなたの許にやってきたんだと!!ブラックジャックによろしく◆講談社◆佐藤秀峰◆4巻より

     テレビドラマ化もされ、社会的反響も大きかった医療漫画『ブラックジャックによろしく』

     つらい不妊治療の末、生まれたあとにダウン症と診断された我が子を受け入れられない夫婦の葛藤を描いたNICU(新生児集中管理室)編。

     つらい不妊治療の末生まれたダウン症児をどうしても受け入れられず、手術同意書にサインできない田辺夫妻を説得するために高砂医師が言った言葉。
     高砂医師の真摯さに打たれた田辺さんだが、やはり手術同意書にサインしない意思は変わらない。
     果たしてダウン症児の運命は…。

    POINT:子供を産むということは、そもそもどういうことなのかを深く考えさせられる。
  • 1金曜日

    (「苦痛」と「幸せ」を)混ぜなきゃいいのに………。サルチネス◆講談社◆古谷実◆3巻より

     念の如くニート喪男を描き続ける漢・古谷実のシリアスギャグマンガ『サルチネス』
     人生とは何なのか。
     幼少時、育児放棄という虐待を受けた兄妹のその後の人生を描く、ロードムービー調シリアスストーリー。

     中丸がサイキック松下を見て、心の中でつぶやいたひとこと。
     妹のために自立を目指すニートの主人公・中丸がその道中出会った、世間的に恵まれているのにも関わらず自分を不幸だと錯覚している自称サイキックの松下を見て思った言葉。
     「人生という摩訶不思議な化け物」と戦ってみようと決意する。

    POINT:人生は厳しい。苦難は誰にでも襲ってくるけれど、苦しむ時には苦しみ、楽しむ時には楽しむことが生きていく上で大切なのだと教えられる。

関連記事:

関連ニュース

関連まんが