• このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10/19(土)・10/20(日)、埼玉県の大宮ソニックシティで「アニメ・マンガまつり in 埼玉」(アニ玉祭)が開催されました。
アニ玉祭は、アニメやマンガに何かと縁のある埼玉県を始めとする自治体・団体・企業が主催・後援するイベントで、今年でオープン25周年を迎える大宮ソニックシティで開催されたアニメ・マンガの総合イベントです。

アニ玉祭バナー

公式サイトの開催主旨によれば『現在、アニメ・マンガをテーマにしたイベントやファンによる「聖地巡礼」で、日本各地に盛り上がりが生まれています。こうした流れの中、埼玉県が日本最高峰のアニメ・マンガの聖地となり、日本はもとより、世界から注目されるきっかけを作るためにアニ玉祭を実施します。』とのことです。(二重カギ括弧内は引用)

まんがStyle編集部もこのアニ玉祭に参加してきましたので、その内容をレポートしたいと思います。

アニ玉マーケット その1

参加した10/20はあいにくの雨となってしまいましたが、会場である大宮ソニックシティに近づくにつれて人が増えてきました。 まずはソニックシティ内の鐘塚公園で開催の「痛車フェスタ」「アニ玉バザール」を楽しんでから、イベント広場を経由してアニ玉マーケットの会場へ。

アニ玉祭 ステージ看板

アニ玉祭 ステージ看板

アニ玉マーケット内に入ると、まず目に入ったのは主催の埼玉県や公益財団法人埼玉県産業文化センターのブース。 埼玉県産業文化センターのブースでは、「アニ玉祭の薄い本」と題した公式ガイドブックやイメージガールのすーぱーそに子がプリントされた限定販売の草加せんべい、さらには京都国際マンガ・アニメフェア2013(略称:京まふ2013)の限定グッズが販売されていました。
まんがStyle編集部もここで薄い本と京まふ2013のグッズをGETしました。この時点で、仕事ではなく趣味としてアニ玉祭を楽しんでいるのがバレバレです。

主催の埼玉県ブース

主催の埼玉県ブース

同じく主催の埼玉県産業文化センターブース

同じく主催の埼玉県産業文化センターブース

薄い本とすーぱーそに子せんべい

薄い本とすーぱーそに子せんべい

魔法少女まどか☆マギカ「焼ショコラ」

魔法少女まどか☆マギカ「焼ショコラ」。ちなみに、編集部はまどかイラストで包装された生八つ橋を購入しました

さいたま市立漫画会館のブースでは、アニ玉企画展でも展示されている北沢楽天に関するパネルなどが展示されていました。

さいたま市立漫画会館ブース

さいたま市立漫画会館ブース

1 2 3 4 5

関連記事:

関連ニュース

関連まんが