• このエントリーをはてなブックマークに追加
h1iamge_003
    ※7日から11日まで毎日名言追加予定です!

    2013/10/07 : メリーチェッカ◆徳間書店◆鈴木ツタ◆1巻より
    2013/10/08 : オス♂ブラ◆竹書房◆生田いくじ◆1巻より
    2013/10/09 : ネガティブ君とポジティブ君◆一迅社◆秀良子◆1巻より
    2013/10/10 : アイがラブしてユーなのさ◆リブレ出版◆蛇龍どくろ◆1巻より
    2013/10/11 : 34歳無職さん◆メディアファクトリー◆いけだたかし◆1巻より

  • 7月曜日

    大人の青春の段階に入りましたメリーチェッカ◆徳間書店◆鈴木ツタ◆1巻より

     オフ会から始まるピュアラブ『メリーチェッカ』

     職場ではイケメンサラリーマン、ネット上では人気毒舌ブログの管理人「塩」こと潮見と、ネット上では女の子に間違われるほどの癒し系・実は大男の「みや」。
     現実にどこかにいそうな男性たちが少女漫画のような可愛い恋にハマっていく姿が楽しめる良作。

     自分のキャラに合わない甘くてくすぐったい恋愛、しかも男同士という関係に葛藤する潮見に、後輩社員の岸本が言ったひとこと。
     岸本が見せた余裕の表情に、「この前まで青春の1ページ開きっぱなし状態じゃなかったのかよ…」という潮見のツッコミに切り返した言葉。
     「先輩も楽しいでしょう 大人の青春」と続けられ、潮見は、まだ戸惑いの残っていた「みや」との恋愛をより前向きに進めてみようと考え始める。

    POINT:自分ではすっかり冷めた大人だと思っていても、気持ちをコントロールできなくなるような新しい体験はまだまだ待っている!大人の青春を楽しもう。
  • 8火曜日

    メンズブラとは疲れたサラリーマンを癒す…言わば天使の羽…!オス♂ブラ◆竹書房◆生田いくじ◆1巻より

     下着メーカーの「メンズブラ」部門を舞台にしたギャグBLの怪作『オス♂ブラ』

     メンズブラにメンズガーターベルト、メンズブラウェディングドレス……とどまるところを知らぬアホ展開ハイテンションギャグ。
     (ちなみに「メンズブラ」は実在します。)

     新入社員・大野に、憧れの上司・早乙女部長が言ったひとこと。
     部長の自宅を訪れた大野に、メンズブラを装着した姿を披露しながらメンズブラ愛を熱く語る部長の言葉。
     憧れの部長の変態っぷりが明らかになると同時に、部長にもメンズブラにもすっかりハマッてしまう大野であった。

    POINT:あまりのアホな笑いに、日頃の悩みも吹っ飛ぶこと間違いなし。
  • 9水曜日

    何かおこった時はおれがどうにかしたらいいんじゃん!?ネガティブ君とポジティブ君◆一迅社◆秀良子◆1巻より

     高校生カップルのほのぼのな日常を描く『ネガティブ君とポジティブ君』

     超ネガティブな藤原くんと超ポジティブな橘くん、正反対だけれど、どちらも生き方の不器用な2人が足りないところをフォローしあったり、し切れてなかったりする様子が、まったりながらもじんわり涙を誘う作品。

     心配性な藤原くんに、橘くんがあっけらかんと言ってのけるひとこと。
     仲良く下校中にも、「生活が乱れると何か不測の事態がおこった時に的確に対処が」…とネガティブを発揮する藤原くんに、橘くんが告げる言葉。
     ずっと一緒にいて何かおこったら自分がどうにかしてあげる…と疑いもなく話す橘くんに、藤原くんは眉間にしわを寄せたままだけれど、藤原くんのことなので、これでもきっとかなり嬉しく思っているのです。

    POINT:一緒にいるだけで何でもできる。根拠のない自信も時には勇気に。自分自身がネガティブだったら、ポジティブな友達にそばにいてもらえばきっと大丈夫。
  • 10木曜日

    水をふたつこうやって置いておくとお互いに干渉し合うんだアイがラブしてユーなのさ◆リブレ出版◆蛇龍どくろ◆1巻より

     独特のとぼけたセリフまわしが楽しい個性派BL『アイがラブしてユーなのさ』

     優等生の風紀委員がヤンキーに一目惚れ!ゆったりと語り合う2人の雰囲気と、見守ってくれるそれぞれの友達の存在にほっこりさせられる作品。

     風紀委員の竹内が、ヤンキー大野に言う一言。
     人と人とが影響し合うことを説明するために、コップの水を2つ並べながら、「人間の体内の80%は水分だからね」…と語る言葉。
     恋愛に疎かった竹内が、大野を意識すると共に、ドキドキが水と水のように伝染する。

    POINT:普段は気づかないけれど、いつも一緒にいる人が、あなたを変えてくれる大切な人のかも。
  • 11金曜日

    人間の体内時計は本来25時間っていう話ねー34歳無職さん◆メディアファクトリー◆いけだたかし◆1巻より

     「1年間何もせずにいようと決めた」30代女性の一人暮らしライフを描く『34歳無職さん』

     おそらく様々にワケありな様子の「無職さん」だけれど、穏やかな日常の描写は癒し。
     人間には休養が必要なのだと思い出させてくれる作品。

     元同僚の女友達が、「無職さん」に語るひとこと。
     久しぶりに食事をしながら、無職生活についていろいろ問いかける女友達。
     「夜ふかしすんのは簡単なのに前へずらすのはなかなかできない」という「無職さん」に返した言葉。

    POINT:なかなか生活リズムを改善できない理由は、この25時間の秘密のせい…!?でも、夜ふかしはほどほどに。

関連記事:

関連ニュース

関連まんが