• このエントリーをはてなブックマークに追加
h1iamge_003
    ※24日から27日まで毎日名言追加予定です!

    2013/9/24 :黒執事◆スクウェア・エニックス◆枢やな◆1巻より
    2013/9/25 :青空エール◆集英社◆河原和音◆4巻より
    2013/9/26 :繕い裁つ人◆講談社◆池辺葵◆4巻より
    2013/9/27 :ワルツのお時間◆講談社◆安藤なつみ◆1巻より

  • 24火曜日

    あくまで執事ですから黒執事◆スクウェア・エニックス◆枢やな◆1巻より

     2014年に実写映画も公開予定『黒執事』

     何をやらせても完璧。
     人間とは思えない手際と能力ですべてをこなしてしまう、セバスチャンが「すごいね」「さすがはファントムハイヴ家の執事だ」などと、ほめられたときに言う言葉。

     名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。
     まだ幼い主人シエル・ファントムハイヴに仕え、身の回りのお世話から、命を狙われがちな主人の警護まで、あらゆることをまさに完璧に成し遂げる、執事の鏡。
     セバスの活躍ぶりが描かれる。

     まさに完璧超人のような執事ぶりで、ファントブハイヴ家をひとりで切り回す。
     ときには人外のような不思議な力が飛び出すことも。

    POINT:執事はいつも控えめなもの、身の程をわきまえた態度が一番!?
  • 25水曜日

    オレ絶対彼女つくんないから!!甲子園行けるまで誰とも付き合わないから!!強くなるから絶対!!青空エール◆集英社◆河原和音◆4巻より

     アツい青春ストーリー『青空エール』

     ブラスバンド部に参加し、トランペット奏者としてがんばるつばさ。クラスメイトで野球部の大介に恋をした。
     がんばって思いを告げるつばさに、大介からの返答はNO。今は部活をがんばりたいという大介から、つばさへの言葉。

     吹奏楽と野球の名門校、北海道白翔(しらと)高校に入学した小野つばさ。トランペットで甲子園のスタンドに立って野球部を応援するという夢を叶えるため、初心者なりに毎日努力している。  同級生で野球部の山田大介に励まされ、一緒に「甲子園に行く」という夢を追いかける。

     今、大切なのは恋よりも部活と再認識したふたり。いい関係を築きつつも、部活最優先でお互いの夢を応援することになる。

    POINT:今大切なことは何かを再認識! 夢を実現するためには、何かをあきらめることも必要!?
  • 26木曜日

    ウェディングドレスに刺した刺繍の数は願った幸せの数だって繕い裁つ人◆講談社◆池辺葵◆4巻より

     服にまつわる人々の想いを描く『繕い裁つ人』

     亡き祖母の志を受け継ぎ、小さな洋裁店を継いだ南洋裁店の店主・市江(いちえ)。
     着る人の心に寄り添い、人生をいろどる洋服を作り続けている。オーダーメイドの服にまつわる人々の思いと、市江をとりまく人々の心をていねいに綴った優しい物語。

     主人公の母親のために、仕立屋だった祖母が作った総刺繍のウェディングドレス。
     すでに亡くなった祖母の作ったドレスを見ながら、思い出を話し合う。
     祖母が、ウェディングドレスに刺繍をほどこしながら、刺繍やドレスにこめた思いを語った言葉。
     祖母の想いを受け取った孫や親戚たちは、我が子を思う祖母の気持ちを再確認する。

    POINT:たかがモノと言うなかれ。贈り物にこめられた、人の気持を読み解こう
  • 27金曜日

    だれでもお姫様みたいになれるんだからワルツのお時間◆講談社◆安藤なつみ◆1巻より

    運命のパートナーを探してダンスにチャレンジ『ワルツのお時間』

    競技ダンスに打ち込む4人の中学生を描く。
    お姫様みたいな自分になりたい牧村姫愛と、過去のトラウマから競技ダンスを捨てた南たんご。
    運命的な出会いをしたふたりは、次第にダンスの世界に夢中になっていく。

    社交ダンス教室に誘われた中学生の姫愛。
    地味でから控えめ、ちょいぽちゃの彼女は「社交ダンスなんて…」と、断ろうとする。
    そんなとき、ダンス教室のオーナーが言った言葉。

    POINT : 女の子はキッカケさえあれば、誰だってお姫様になれる!

関連記事:

関連ニュース

関連まんが