• このエントリーをはてなブックマークに追加

Guillaumeさんのプロフィール

カナダ・モントリオール在住、モントリオール大学薬学部3年の25歳。
兄(Julien)と姉(Marie-Hélène)がいる。
姉のMarie-Hélèneさんは現在妊娠中で、もうじき叔父さんになるとのこと!

東京在住の兄のJulienに会いに、今年の夏に来日。
今年の夏は50日間かけ、 日本、フィリピン、インドネシアを巡る旅をしていたとのこと。
将来の夢は、すべての国を旅すること!

来日でとても面白いパンクバンドに出会ったとのこと。
その名は『快速東京』
彼らのMVはこちらにて。

映画が好きで、かなりの数コレクションしており、
また音楽も好きで、いろんなジャンルの音楽を楽しんでいるとのこと
一番好きな映画:マイケル・マン監督、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ主演『Heat』
一番好きなアルバム:The Hold Steadyの『Boys and Girls in America』

※前回感想をもらったジェリアンさんの弟さんです

美味しんぼ

グルメ漫画の先駆け的な作品。東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公とし「究極のメニュー」を作るために二人が食についての探求を重ねて行く。物語の中で父と息子との軋轢や同僚との恋、そしてバラバラだった家族がその絆を取り戻して行くようすなど、ヒューマンドラマの要素も多分に盛り込まれた大作。ドラマ化もされた。

Guillaumeさんのコメント

東南アジアを巡る長い旅行の後、東京の兄の元を訪れると、本棚に何やら気になる本がある。そのカラフルな本には、「幸福の米」「新日本食」そして「酒」と銘打たれている。

漫画の1つや2つも読まないで、日本を完全に体験したとはいえない!
さっそくその『美味しんぼ』と書かれたマンガを手にした。

美味しんぼを読むGuillaumeさん

美味しんぼを読むGuillaumeさん

本当に読んでよかった!
山岡さんの悪態がマンガ自体にエンターテイメント性を持たせるのはもちろん、日本文化や日本料理のさまざまな要素が明朗、かつ丁寧に描かれており、私はすぐに夢中になった。
通常であれば数ヶ月、ないし数年かけて学ぶようなことを、この『美味しんぼ』を読むことで数日で学ぶことができ、かつそれを楽しみながらできたのは、素晴らしい体験だ!

このような本は、私のような日本を知らない外国人に、日本を(理解する手引として)完璧なものだ。 『美味しんぼ』、ありがとう!

※一部編集部で手直しを入れていますが、ほぼ原文のままとなっております。

編集部のコメント

旅好きな記者としては、いろんな国巡ることはとてもうらやましい!!
ここまで日本のまんがを評価してくれて、かつ日本をわかろうとしてくれたGuillaumeさんに感謝!!

関連記事:

関連ニュース

関連まんが