• このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今でWEB漫画サイトが増えていますね。個人・企業問わず数多く存在するWEB漫画サイト、しかもその多くは無料で読めるため、毎日楽しませてもらっています。 漫画好きにはたまらない時代ですが、昔の自分に教えてあげても信じられないだろうな…。

しかしタダ読みしてるだけでは申し訳ない!ので、少しでも多くの人に読んで欲しいという「おススメWEB漫画」をご紹介していきます。

なお基本的には無料で読めますが、作品によっては1部無料公開になっていますのであしからず。

それではどうぞ!

今、編集部的に熱いWEB漫画5本を紹介!


  • 作品ページを見る

    1位しんそつ七不思議 / かふん

    「ワンパンマン」リメイク版や「ALL NEED IS KILL」といったビッグタイトルから 「黒」、「アナーキーインザJK」といった独自のフェティシズムを放つ良作を生み出している「となりのヤングジャンプ」に掲載。 さすがジャンプだけあり、作品レベルはどれも高いのですが、中でもイチオシが今作「しんそつ七不思議」です。

    田舎の食品容器メーカー会社に新卒入社したゆとり世代の3人が、おっとり系おじさん上司とセクシー系お姉さま上司の下で初めての社会人生活を送る、といういわゆる日常系WEB漫画。

    とにかくこの作者、絵が抜群に上手い!特にセクシー系の女の子を描かせると他に類を見ない不思議な魅力を持っています。

    かふんファンには知られる「かふん昔ばなし」の独特なギャグのキレは健在で、そのまま本誌掲載されてもまったく遜色ない完成度だと思います。今後にも期待ですね。


  • 作品ページを見る

    1位堕天作戦 / 山本章一

    「裏サンデー」にて開催された連載投票で1位を獲得、同サイトで華々しくスタートした今作。

    強烈なインパクトを持つ挑戦的な漫画が多く連載されている印象の「裏サンデー」ですが、本作も同様です。

    舞台は人間と魔軍の戦争が延々と続いている世界。主人公は「不死者」と呼ばれる不死身の体を持つ人間(?)です。主人公を捕らえた魔軍は、2ヵ月に及んで様々な処刑を試すも全く死ぬ気配がないため、ついに「気球に縛り付けて大気圏まで打ち上げる」という前代未聞の処刑を執行。

    1~2話目は、主人公と一緒に無理矢理打ち上げられた魔軍の少女・リコベルが、文字通り”死に向かって”大気圏へ上昇していくシーンで構成されています。高度が上がるにつれ衰弱・錯乱していくリコベルと不死が故に生きる意志を失った主人公の壮絶に切ない対比描写は、美しく圧巻の一言です。

    その後のストーリーにも重厚な謎や伏線が散りばめられており、とてもいい意味で「進撃の巨人」的な要素を持った作品ではないでしょうか。今後のブレイクに期待です。


  • 作品ページを見る

    1位俺のプロレスネタ、誰も食いつかないんだが。/ さかなこうじ

    月刊コミックゼノンなどを刊行する新潮社が運営する「くらげバンチ」にて掲載。ラノベっぽいタイトルとキャラクターデザインから「萌えプロレスかな?」とタカをくくっていたのですが…全くの大間違い。

    これはプロレスファンを十分に満足させる内容です!

    時代は90年代中期の闘魂三銃士全盛期、新日を愛する主人公が高校にプロレス同好会を作ろうと目論見ます。

    そして登場するメンバーが

    ・大仁田信者でデスマッチ好きの教師

    ・女子プロ派でルチャ使いの男の娘

    ・リングス派でデータ主義の腹黒女子

    ・全日(ハンセン)派でニワカのヒロイン

    と、プオタの性格を体現したキャラばかり。活動方針を巡って各々の理想がぶつかる様子は、同じプロレスファンでも全く異なるという複雑性を改めて実感させられました。

    最新話では、「おんどれはプロレスを線で結んだことがあるか!?」 「レスラーもそう見てほしいに決まってるんや!」 という、”めんどくさいプロレスファン”の極みのようなセリフまで飛び出してます。

    レスラーを描いた漫画は多々あれど、ファンの実態をここまで描いた漫画はなかったのでは?今ではすっかり月1回の更新を待ちわびています。


  • 作品ページを見る

    1位さいはて -Daydream Attractor-/ 小林銅蟲

    WEB漫画の文化遺産「ねぎ姉さん」や、世界初の巨大数漫画「寿司 虚空編」で知られる小林銅蟲の連載作品。「pixivコミックス」にて連載されています。

    作者の魅力でもある不条理・シュールさは今作でももちろん健在。完全に意味不明です!

    ただ「寿司~」の”理系的不条理さ”に比べると、「さいはて」はファンタジー的な物語要素が見え隠れしますので、小林銅蟲を初めて読む方には今作から読むことをおススメします。

    そして一度ハマればもう普通の漫画じゃ飽き足らなくなるかも!


  • 作品ページを見る

    1位Final Re:Quest -ファイナルリクエスト- / 日下一郎

    ニコニコ静画内にある「水曜日のシリウス」にて連載されている今作の特徴は、なんといっても全ページ「ビット」だけで描かれていることに尽きるでしょう。その半端じゃないクオリティのビット美と、ニコニコ静画だから活かせる「8bitサウンド」の効果が相まって、「俺はファミコンしているのか?漫画を読んでいるのか?」という錯覚に陥りそうになります。

    ストーリーのテーマは、「主人公がいなくなったRPGのその後の世界」。ここでの主人公とは当然、昔RPGをプレイしていた”僕たち”です。

    僕たちが遊び終えたゲームの中で不幸にも目覚めてしまった老戦士が、バグだらけの世界を旅しながら自分の存在する世界の真実へ近づいていく物語。 帰ってくるはずのない主人公を追い求める感情が、憧れから次第に呪いへと変化しつつある老戦士の姿は、かのジムキャリーの名作「トゥルーマンショー」を彷彿とさせます。

    全ての元勇者に捧ぐ、勇気と再出発の8bitファンタジー!!というキャッチコピーにまったく嘘偽りなし!


  • という訳でまんがstyle編集部おススメのWEB漫画でした。

    今後も面白い漫画があればどんどん紹介していきたいと思いますのでチェックして下さいね。


関連記事:

関連ニュース

関連まんが

関連まんがはありません