• このエントリーをはてなブックマークに追加
こいずみまり先生-プロフィール画像

「こいずみまり」プロフィール

漫画家

「月刊OUT」の常連投稿者として活躍した後、1992年に「増刊まんがあ!ホクサイ」にて「看護婦さんへGO!!」を連載開始。代表作として「コイズミ学習ブック」、「レイとルリのスイートライフ」、 「家政婦のエツ子さん」など。


公式サイト:こいずみまりHP
twitter:こいずみまり@koizumimari1
こいずみまりの作品一覧:まんが王国


  • コミックスを買う

    1位山賊ダイアリー:岡本健太郎

    ■先生のコメント
    2~3年前から読み始めたんですが、新刊が出ると結構すぐ買っちゃいます。岡本先生ご本人が体験されたことを漫画にされているのですが、憧れるところや共感する部分があって純粋に楽しんでます。ご自分で猟をして、採ったお肉を食べるところを描かれているんですが、私もいろんな動物のお肉を食べていっていう願望があるんですよ。笑 イノシシやヤギのお肉は食べることが出来たんですが、まだワニやキジのお肉は食べていないので、早く食べてみたいですね。

    ■紹介
    現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎による狩猟&ジビエ喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載!山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載!都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。


  • コミックスを買う

    1位オークション・ハウス:叶精作、小池一夫

    ■先生のコメント
    私は美大に通っていたので、美術系のお話しが結構好きなんです。こちらの作品もそれがきっかけで読み始めました。叶精作先生、小池一夫先生方の作品なのでやっぱり結構セクシーな話なんですけど、美術の知識も本当深くて、さすがだなあと思います。女ならリュウに惚れちゃうと思いますし、男なら憧れると思います。是非ドラマや映画にしてほしいですね。その時は、リュウはやっぱりトム・クルーズで!

    ■紹介
    美術品世界の「首都」・ロンドンにその名をとどろかすオークション・ハウス「オリバー社」。そこに父母の仇への復讐の二文字を胸に秘め、類まれなる鑑定眼と贋作技術を武器に活躍する日本人がいた。――その男の名は柳宗厳!!

    小池一夫の作品はまんが王国で配信中!

  • コミックスを買う

    1位がきデカ:山上たつひこ

    ■先生のコメント
    今は持っていないので、旦那さんに買ってきてと頼んでます。笑 夫婦二人とも好きなので、八丈島に行ったときに「キョン」という鹿のまえで写真をとってきました。もちろん、旦那さんに黄色いシャツに赤いネクタイをつけてもらって。笑 実は私の作品にも、ヒロインの名前を使わせていただいてます。本当に好きですね。

    ■紹介
    日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う逆向小学校の同級生たちのドタバタギャグコメディ。1970年代から週刊少年チャンピオンにて連載スタート。ギャグ漫画の大先輩ともいえる作品である。

    山上たつひこの作品はまんが王国で配信中!

関連記事:

関連ニュース

関連まんが