• このエントリーをはてなブックマークに追加

image003[2]
image001[3]月刊コミックゼノンにて絶賛連載中の『ハナカク』(松井勝法)の最新刊が2月20日(金)に発売。

『ハナカク』は女子高校生格闘家のタマゴ、安藤花夏(あんどう・はなか)を主人公とした作品。待望の最新刊の帯には『ワンピース』の尾田栄一郎さんが応援イラストとコメントを寄稿。

注目の“女子格“漫画新刊の発売にあたり、現在活躍中の女子格闘家の選手に『ハナカク』の魅力、”女子格”について聞くインタビューシリーズを慣行。インタビュアーは「赤鮫が行く!」でお馴染み、格闘家でもある近藤哲也が務めます。

今回は『特攻天女』の異名を持つ藤野恵実選手(和術慧舟會GODS)
image1 3


近藤:格闘技を始めたきっかけを教えてください。

藤野恵実選手(以下、藤野):ダイエットでスポーツジムに通ってたんですけどK-1や総合格闘技が流行り始めたころで、格闘技もおもしろそうだなと思って、宇野薫選手が所属してる和術慧舟會に入門しました。女子の会費が3000円と安かったのでそれが決め手になりましました(笑)

近藤:格闘技経験はあったんですか?

藤野:まったく無かったです。前からやってみたかったんですけど、親がやらしてくれなかったのと、女子高だったのでそういうのとは縁がなかったので、そこからがスタートですね。

近藤:好きな練習はなんですか?

藤野:試合前じゃない普通の練習です。格闘技が好きなのでどんな練習も楽しいです(笑)

近藤:嫌いな練習はなんですか?

藤野:試合前の追い込みとか試合のために特別する練習は嫌ですね。プロとして試合するわけなのでその練習は当たり前なんですけど、やっぱりキツイですね。できないこととか怒られたり、強制的になってくるとだんだん嫌になってきます(笑)

近藤:やっぱり試合前は特別な練習しますもんね。

藤野:一番キツかったのは、タイトルマッチの前のスパーリングで5分10ラウンドで相手が1,2分で変わって組技ばっかりとか、本当にキツかったですね。

近藤:うわ、それはキツイ・・・。

藤野:相手も元気な人が来ますから、試合の方が楽でした。

近藤:藤野選手にとって強さとはなんでしょうか?

藤野:継続する強さですかね。最初の運動神経や性質もあるとは思うんですけど、今の格闘界を見渡すと残ってる人ってちゃんと続けてる人達なんですよね。格闘技だけじゃなく最後まで残ったり、継続することが大事かなと、そういうのが強さにつながるのかなと思います。

image4 3

近藤:『ハナカク』の感想をお願いします。

藤野:絵が凄く見やすくて読みやすいです。私自身も漫画が大好きなんですけど読みにくい絵とかもあるんですけど、『ハナカク』は可愛くて見やすいです。題材はマニアックなんですけど描いてることとかが分かりやすいし、感情移入もしやすいと思うので面白いです!

近藤:好きなキャラは誰ですか?

藤野:亜季ちゃんですね。表には出さないけど、かたくなに強さを求める感じが。チャラチャラしてるのに腹立ったりする気持もわかるし、間口は広げたいけどあんまり軽く考えられて試合とか出られるのは嫌だから凄く気持ちがわかるんです!

近藤:そう言えば、森色虹亜ってキャラがいるじゃないですか?VV Mei選手がこの背中を見て「これ藤野選手」だって。

藤野:ちょっとまってよ!!Mei~!!(たまたま道場にいたMei選手を呼んで)似てないよ!

VV Mei:最初見たとき本当に藤野さんかと思ったんですよね(笑)

藤野:いやだ、そんなゴツくないよ!

近藤:松井先生に「このキャラの背中が藤野選手に似てますよね」って聞いたらたら「たしかに」って(笑)

藤野:そんな・・・。もっと女性らしいラインをキープしてるはずです。

VV Mei:そんなもんだって(笑)

 image3 4

ハナカク1
藤野
:漫画に出てくる選手のモデルっているんですか?

近藤:先生は、いろんな選手から特徴なりを取ってキャラクターを作ったと言ってました。

藤野:私をモデルにするときは特に女性らしくお願いしますと言っておいてください(笑)

近藤:はい、わかりました。伝えておきます(笑)

image1  2


藤野恵実選手が所属している道場

藤野選手が直接指導している時間もありますので、優しく指導していたいただけます!

[和術慧舟會 GODS]
http://www.wkgods.com/index.html

[スポーツジム マーシャルアーツ]
http://www.martialarts-gym.jp/

[月刊コミックゼノン] 
http://www.comic-zenon.jp

漫画配信サービス『まんが王国』(http://k-manga.jp)にて「ハナカク」電子版も近日配信予定。


関連記事:

関連ニュース

関連まんが