• このエントリーをはてなブックマークに追加
©2014 Jiangsu Omnijoi Movie Co., Ltd. / Boneyard Entertainment China (BEC) Ltd. (Hong Kong). All rights reserved.

©2014 Jiangsu Omnijoi Movie Co., Ltd. / Boneyard Entertainment China (BEC) Ltd. (Hong Kong). All rights reserved.

映画好きで知られる漫画家・巻来功士。
巻来功士が最新の映画を観賞し、心臓がピクピクするほど感動及び興奮、または憤慨?した作品”心ぴく映画”を紹介するのが 『功士の心ぴく映画コラム』です。

連載第二回目の作品は、第64回ベルリン国際映画祭にて金熊賞と銀熊賞の2冠に輝いたミステリー作品 『薄氷の殺人』 。1月10日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで絶賛上映中の作品です。話題の作品を観た巻来功士の心ぴく度は?

[あらすじ]

1999年の夏、中国の華北地方で起こった連続猟奇殺人。捜査に駆り出された刑事ジャンは、有力な容疑者を拘束したが、思わぬ銃撃戦で容疑者が死亡し事件は迷宮入り。ジャンも被弾して警察を辞した。そして2004年の冬。
妻にも捨てられ自暴自棄となり、しがない警備員として生計を立てていたジャンは、元同僚から5年前の事件と酷似する猟奇殺人が起きたことを聞き、独自の捜査に乗り出す。奇妙なことに、被害者たちは殺される直前、どちらも5年前の被害者の若く美しい未亡人ウーと親密な仲だった。それは単なる偶然なのか、それともウーは男を破滅に導く悪女なのか。そしてジャンもまた、はからずも“疑惑の女”に心を奪われていく……。

10924722_647980378658634_6141400844428129499_n1

第2回「功士の心ぴく(心臓ぴくぴく)映画コラム」は『薄氷の殺人』。
社会派ミステリー&サスペンス映画です。

中国の華北地方で起きたバラバラ殺人事件を、ある銃撃事件の為に警察を退職した元刑事が追ってゆくというストーリー。
背景に描かれる中国社会の今が、リアルに描かれていてとても面白いです。
まるで、高度経済成長期(60~70年代)の日本そのものに見えて、懐かしくもありました。見ている最中、当時の日本の天才監督、今村昌平の映画を思い出して嬉しくてニヤニヤしまったのも事実です。

ただ違うのは、当時の日本は声を上げるなどの行動を起こせば、未来は明るくなるという希望がありました。
しかし、今の中国は(日本も同じですが)、揺るぎようもない格差社会の中、諦めの感情が支配しているように感じました。その世情をあからさまに描かく事によってノワール(暗黒)感を際立たせて、素晴らしい映画的世界観を構築する事に成功しています。

主人公の元刑事役、リャオ・ファンの面構えが抜群です。そして、情を交わすようになる被害者の妻役グイ・ルンメイの氷のように冷たい顔が、徐々に人間味を取り戻してゆき、ラストに向けて、美しい女の顔に変わってゆく過程も大きな見所です。そして、観覧車のシーン、絶品です。ラストも大きな余韻を残し、傑作の面目躍如です。

私は、鑑賞後にどれだけ心に残るか、思い出して心(心臓)がザワツクかを、映画の善し悪しの基準にしています。そういう意味でもこの映画は傑作です。
後に残る余韻、特に切なさが身にしみる名作です。是非ご覧ください。超お薦めです。

『薄氷の殺人』心ぴく度、95点です!


【作品情報 】

タ イ ト ル : 『薄氷の殺人』 原題:白日焔火
監督・脚本 : ディアオ・イーナン
出 演 : リャオ・ファン『戦場のレクイエム』 / グイ・ルンメイ『藍色夏恋』 /
ワン・シュエピン『サイレント・ウォー』
製 作 年 : 2014年
製 作 国 : 中国・香港
上 映 時 間 : 109分

新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開中!

[巻来功士】

1958年長崎県佐世保市生まれ。1981年、「少年キング」誌で『ジローハリケーン』でデビュー。 「週刊少年ジャンプ」に発表の舞台を移し、代表作『ゴッドサイダー』を執筆。その後、青年誌を中心に『ザ・グリーンアイズ』『瑠璃子女王の華麗なる日々』『ゴッドサイダーサーガ神魔三国志』など数々の作品を連載。 クラウドファウンディング「FUNDIY」にて『ゴッドサイダー・ニューワールド(新世界)〜 ベルゼバブの憂鬱 〜』の制作 プロジェクトを成功させて現在鋭意執筆中。

TWITTER
FACEBOOK
巻来功士の漫画(マンガ)コミックはまんが王国で配信中!

※『功士の心ぴく映画コラム』では皆様からの巻来先生に観て欲しい映画のリクエストをお問い合わせフォーム
とTWITTERから受付中。TWITTERでは #心ぴく をつけてつぶやいて下さい。


関連記事:

関連ニュース

関連まんが