• このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のマンガとフランスのバンド・デシネ、同じマンガといえどもその生み出され方には大きな違いが

01

『テルマエ・ロマエ』で知られるヤマザキマリと、フランスの人気バンド・デシネ作家であるペネロープ・バジューによるトークライブが、11月23日に行われた。東京ビッグサイトで開催された海外マンガの祭典「海外マンガフェスタ2014」のステージイベントの一つだ。

バンド・デシネ(B.D.)といえばフランス語圏におけるマンガの総称。ペネロープは、アラサー女子である自身の日常をつづったブログが月間300万アクセスを超え、2008年に単行本化されると30万部を突破したという人気B.D.作家である。日本では『ジョゼフィーヌ! (アラサーフレンチガールのさえない毎日)』というタイトルで発売されている。

日本でも発売されたペネロープ『ジョゼフィーヌ!』。海外マンガフェスタでも販売されていた(右)

日本でも発売されたペネロープ『ジョゼフィーヌ!』。海外マンガフェスタでも販売されていた(右)

ヤマザキは2010年に古代ローマと日本文化を風呂でつないだ『テルマエ・ロマエ』で第2回漫画大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。今現在でもスティーブ・ジョブスの自伝を原作にした『スティーブ・ジョブス』、とり・みきと共著で『プリニウス』を連載し、大きな支持を受け続けている。
互いの国でマンガ家として人気を博し、なおかつ女性という共通点をもつ2人。立場の近い両者のトークでは、日本のマンガとフランスのB.D.が同じマンガでありながらも制作工程がどれほど違うものなのか明らかになった。

02

『ジョゼフィーヌ!』は、2014年10月に日本語訳版がDU BOOKSより刊行。あとがきを手がけたヤマザキは、国と人種を超えて同作がもたらす大きな共感性に驚く。

「世界のアラサー女子は考えていること、耐えていることがみんな同じだ!ということにびっくりしました。海外の人はたくましいイメージを日本のみなさんは持たれていると思うんです。『ジョゼフィーヌ!』では、女である自分、結婚したい自分、子どもが欲しい自分――そういう日本女性にある乙女の悩みが全部現れていたので、読んでいて女である自分が癒やされました。日本でももっと読まれると、開放感に満たされるアラサー女子も増えるんじゃないでしょうか」(ヤマザキ)

一方で、「落ち込んで泣いていたのに次のエピソードでもう立ち直っている話の進み方がおもしろい」と、深い内容を明るくひょうひょうと展開するスタイルを“フランス文化の人間”ならではの作品と評した。

05

ペネロープも『テルマエ・ロマエ』に国境を超えて感銘を受けていた。同作はフランスでは常に本屋に置かれ、評論家の評判も高く大人気だったそうだ。

「史実に基づいた物語は時代背景などの細かい描写に入り込んでしまって、物語がおもしろくないことがありがちです。惣領冬実さんの『チェーザレ』と同じく、『テルマエ』も決してそうじゃなかった。資料の裏付けもあって、なのに楽しく笑いがある作品は素晴らしいと思います」(ペネロープ)

06

B.D.作家も、創作上で日本のマンガ家と同じような悩みを抱えていることがうかがえるコメントだ。互いの作品に共感できる点を見出しつつも、制作ペースの話になると価値観の違いが明らかになってくる。

ヤマザキはかつて周囲の外国人から、作品を短いスパンで次々と描いている状況を「そんなにがむしゃらに描いていて、いい作品を描けるの?」と責め立てられた経験があるという。

「日本って締め切りに合わせてどんどん生産していかなきゃいけなく、あなたたちみたいに芸術品を生んでいるわけじゃないんだ!って私は言い返して。どちらかというと日本のマンガっていうのは絵草紙的な文化を組んでいるわけですから。それをイタリア人の家族には理解してもらえなくて、キレイに着彩されたフランスのマンガを取り出して『これは1冊出すのに2年かかっているのに、君は半年で2冊くらい出しているだろう、そんなのいい本なのか』と言われてしまったんです」(ヤマザキ)

ペネロープはハイペースで執筆する日本の作家を「フランスの出版社にとっては夢の様な作家」としながら、フランスの作家はそれほど速くは描けないと言い切る。一方で次作まで1年ほど空くようなゆっくりとしたペースも、その間読者の気を持たせなければならないといった難しい事情を抱えているそうだ。

04

また日仏では出版社とマンガ家の関係性が大きく異なるとも指摘。フランスの作家はプレッシャーをかけられたり怒られたりするとすぐやめてしまうといったわがままな気質をもつため、出版社はよく気を遣ってくれるのだという。編集部から締め切りを迫られる日本のマンガ家からすると、かなりうらやましがられそうな環境である。

ヤマザキも長い時間をかけて作品を作りこむフランスの状況には、「締め切りに拘束されずにいい本を作る精神性は、臨機応変に活用していきたいとちょっと思う」「私は油絵を長くやっていた人間で、1枚の原稿も海外のように描きこんでしまう」と触れるなど、魅力を感じるところもあるようだ。

ただ、マンガが芸術だとしても生活の足しとしてどんどん生み出していかなければ、家賃も電気代も払えなくなる現状が日本にあるとも言及。逆にB.D.作家はそのようなペースでどうやって生活できるのか、パトロンのような存在がいるのかと疑問をぶつけた。

「パトロンはいません。作家として生計を立てるのはフランスでも難しいです」とペネロープ。B.D.一本で食べて行けているのはおそらく2000人に満たないとし、ほかの定職につきながら執筆に励む兼業作家がかなりいるそうだ。「私なんかは幸運にもよく売れているので暮らせていけてはいますが、市場は決して楽ではありません」と、厳しい現状を話す。

日本のプロのマンガ家の数は3000~5000人ほどと言われるところからも、日本のほうがビジネスとして成立しているようだ。両者の生産サイクルの違いは、マンガに対し芸術とビジネスどちらを重視するかという日仏の価値観の違いの表れにも思える。

イベントでは両者によるライブペインティングも

イベントでは両者によるライブペインティングも

ただ、「フランス人が日本の現場をモデルにしてマンガを作ろうという動きもある」とペネロープは話す。日本のようにスタジオを作りアシスタントを雇って速いサイクルで作品を生み出そうというもので、特にバスティアン・ヴィヴェスの『ラストマン』は日本のマンガに最も近く質もいいと評した。

逆にフランスの生産方式をモデルに日本でマンガが作られ、その中から革新的な名作も誕生するかもしれない。2人が語る日本とフランスの事情の違いに、マンガの世界の広がり、そして日本からハイブリッドな作品が生まれる可能性を大いに感じたトークだった。

ライブペインティングで描いたイラストを掲げる2人

ライブペインティングで描いたイラストを掲げる2人

2012年に始まり第3回を迎えた「海外マンガフェスタ」。この日は先の2人以外に、アメコミ界の巨星のジム・リーと村田雄介、B.D.作家のロマン・ユゴーと松本零士によるトークライブも行われた

2012年に始まり第3回を迎えた「海外マンガフェスタ」。この日は先の2人以外に、アメコミ界の巨星のジム・リーと村田雄介、B.D.作家のロマン・ユゴーと松本零士によるトークライブも行われた

ジム・リーのサイン会。今年は海外の著名なアーティストの来日が多かったと、海外マンガフェスタの事務局員は話す

ジム・リーのサイン会。今年は海外の著名なアーティストの来日が多かったと、海外マンガフェスタの事務局員は話す

アメコミやB.D.だけでなく、フィリピンやブルガリアなどあらゆる国のアーティストが自作のマンガを販売していた。海外アーティストがブースを出展できるコーナー「アーティストアレイ」は、ブース数が昨年の35個から42個に増加

アメコミやB.D.だけでなく、フィリピンやブルガリアなどあらゆる国のアーティストが自作のマンガを販売していた。海外アーティストがブースを出展できるコーナー「アーティストアレイ」は、ブース数が昨年の35個から42個に増加

<画像12>海外からの参加者は年々増えてきており、フェスタそのものの認知度も上がってきているとのこと。「海外では日本のマンガに影響を受けてあらゆる新しい作品が生まれている。クールジャパンとは逆に日本へ海外の作品を紹介することで、日本でも海外マンガに影響を受けたいろんな作品が生まれて欲しい」(事務局)

海外からの参加者は年々増えてきており、フェスタそのものの認知度も上がってきているとのこと。「海外では日本のマンガに影響を受けてあらゆる新しい作品が生まれている。クールジャパンとは逆に日本へ海外の作品を紹介することで、日本でも海外マンガに影響を受けたいろんな作品が生まれて欲しい」(事務局)

[取材・文=黒木貴啓(マンガナイト)]


▼開催情報
『海外マンガフェスタ 2014』
開催日:2014年11月23日(日)
開催場所:東京ビッグサイト 同日開催の「コミティア110」特設会場
URL:http://kaigaimangafesta.com/

▼関連リンク
海外マンガフェスタ 2014
http://kaigaimangafesta.com/
ペネロープ・バジュー 公式マンガブログ「ペネロープ・バジューの、パリジェンヌな日々」
http://frenchisgood.com/penelope/
「ジョゼフィーヌ! アラサーフレンチガールのさえない毎日」書籍情報
http://diskunion.net/black/ct/detail/DUBK076
ヤマザキマリ 公式サイト
http://yamazakimari.com/


関連記事:

関連ニュース

関連まんが