• このエントリーをはてなブックマークに追加

家に100冊くらい単行本とサイン色紙がドーンと送られてきて(笑)

話は変わるのですが、いつ頃から漫画家を目指しはじめましたか?
丹羽――高校卒業して美術系の大学に進学をするときに風刺画科と漫画科があって、風刺画は絵本とかもあったのでそっちに行ったんですけど、教授がこれをやりなさいと言ったら、それ以外はまったくやらせてもらえない不自由な感じだったんで、嫌になって編入試験を受けて、3年からは漫画科に移ってそこから描きはじめた感じです。

そこからはどうやって漫画家になったのですか?
丹羽――雑誌で最初は佳作をもらいまして、そこから担当さんが付いてくれるようになって、何回か賞をもらってから読み切りを何本か描いて連載って感じでした。

漫画家になって嬉しかったことは何ですか?
丹羽――初めて賞をもらった時なんですけど、誰に賞をあげるかの会議で、「僕以外は誰も手を上げてなかったんだけど、面白いと思ったんで粘ったらなんとか賞もらえたよ」って言ってもらって、それは嬉しかったですね。

初めて単行本が出た時の感想はどうでしたか?

丹羽――いや、大変だな~と思いました。

んん?何が大変なんですか?
丹羽――単行本にするために直し作業とか初めてやったので、それが大変だったのと、担当さんにサイン会をやりましょうと言われたんですけど、私は「絶対に嫌だ」って言ったら、家に100冊くらい単行本とサイン色紙がドーンと送られてきて、これ何日までに全部サインしといてくださいと言われ「う〜〜んっ」となって、喜ぶどころじゃ無かったですね(笑)。

「トクサツガガガ」も単行本が出たわけですが、こちらはいかがですか?
丹羽――嬉しいですけど、もう出るんだって思いました。週刊連載なので凄く早いですね。あっという間でした。

読んでいる方は毎週読めて嬉しいけど、描く方は大変ですよね。
丹羽――なんとか追いついて描けているので、これからも頑張ります(笑)

先生の漫画を描くときのこだわりなどあれば教えてください。
丹羽――とにかく特撮のヒーローがカッコよく見えるように描きたいです。 アングルだったり演出だったりを、特撮番組を観たり、自分で考えたりしながら描いています。

いままでに挫折や絶望したことはありますか?
丹羽――ん〜(しばらく考える)すいません、特に無いですね。

投稿のときとかはどうだったんですか?
丹羽――ぜんぜんダメでしたね、投稿した作品を見て編集さんには「雑誌の投稿欄のイラストみたいだね」って言われたり、まあこんなもんかなと思っていたので。

そのときにヘコむこと無かったんですか?
丹羽――漫画科だったので周りにも持ち込み行っている子がいて「編集部って怖いよね、そういうもんなんだね(笑)。」って終わりましたね。そこは1人じゃなかったので落ち込んだりすることは無かったので良かったですね。

ほかには無かったんですか?
丹羽――無いですね、あまり壁にぶつかる程チャレンジする性格ではないので。 絵だけは好きだったので、とくにぶち当たることなくそこだけは順調にきていますね。 もしかしたらこれからぶち当たるかもしれませんけど(笑)

なぜ、漫画家になろうと思ったんですか?
丹羽――イラストだといくらでも上手い人がいるし、アニメーションもいいなと思ったりしたんですけど、ストーリーを作るのも好きだったので、漫画しかないかなと思いました。何の専門知識もお金もかからず始められるのは漫画かなと思ったのもありますね。

僕らからしたら大変だと思うんですけど。
丹羽――逆に会社とかに行って他の人たちと一緒に仕事しているほうが凄いプレッシャーで、絵の方が全然楽しいし、なんの苦労もないですよ。

う〜ん、適材適所ってことですね。
丹羽――はい、そうですね(笑)。社会人って凄いなって毎日思います。

先生にとって「漫画」とはなんですか?
丹羽――自分にとって一番楽で楽しいものですね。他の仕事だと途中でしんどくなっちゃうと思うので。漫画描くのも大変ですけど、他のことと比べたらぜんぜん楽しいです。

最後にファンの方にメッセージを。
丹羽――特撮を観たことない人にぜひ漫画を読んでもらいたいです。読んで面白いと思ってもらったら、特撮も観たら絶対に面白いと思うので、特撮を観てほしいですし、大人になっても観ている人は沢山いるので。特撮好きの人にもこれからもちゃんと楽しんでもらえるように頑張ります。よろしくお願いします。

先生、本当に特撮好きなんですね!もう特撮宣伝部長としてやってもらいたいですよ!
丹羽――作品を通して少しでも特撮の世界を知ってもらえたらと思いますので、頑張ります!

先生、応援してます(笑) 今日はありがとうございました。
丹羽――こちらこそありがとうございました。 「トクサツガガガ」よろしくお願いします。


【関連リンク】
作品詳細『トクサツガガガ』 | ビッグコミックスピリッツ公式サイト

1 2

関連記事:

関連ニュース

関連まんが

関連まんがはありません