• このエントリーをはてなブックマークに追加

 0011

10月25日から11月24日まで六本木ヒルズ展望台にて開催されました「pixiv祭」。
月間38億PVを誇るという世界最大級のイラスト投稿サイト「pixiv」を現実空間のリアルイベントとして開催された今回のイベントにMangaStyle編集部も取材に伺いました。

MS編集部が参加したのは11月21日に行われた”オフ会「アナログの本気ナイト」”。このイベントに若手イラストレーターのT君とFさんと共に参加。
pixivでの投稿経験もあるというT君と、お絵かき大好きというFさんがこのイベントをどう感じるのか?実際に体験してもらいました。

4C9A0463

会場に入ってすぐに見えてくるのは、pixivの新機能のアニメーションGIF等を投稿できる“うごイラ”機能を使った電子パネルがディスプレイされている5m四方の巨大なやぐら。
8月にpixivにて行われたコンテスト「pixiv祭開催記念 天空の踊るうごイラ大募集!」で募集された作品が200点以上展示されていました。

4C9A0588

会場のBGMはpixiv発のつくれるアイドル「虹のコンキスタドール」が歌う、pixiv祭公式テーマソング「ぴくしぶおんど」。

4C9A0390

「ピクシブたん」「ふつくしい」などの人気タグに因んだイラスト。

4C9A0382

「TYPE-MOON」「東方」「キルラキル」などの500名以上の作家によるファンアートが展示がされた通路壁面が続く。

4C9A0515

DMM3Dプリンターでフィギュア化された「ピクシブたん」。

4C9A0381

高解像度複製印刷技術「プリモアート」にて出力された幅約3.5m×高さ1.35mの巨大イラストが屏風の形にして展示されている。

メディア・アートのウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」がプロデュースする「お絵かき水族館」の新作「お絵きピープル」のコーナーにT君とFさんも参加。

4C9A0530
4C9A0537

4C9A0549

描いたキャラクターをスキャナで取り込む。

4C9A0550

キャラクターは即座にスクリーンに生み出される。

4C9A0570

館内の音楽に合わせて動くキャラクター達はまるで命を吹き込まれたようだ。

会場奥に設置された「お絵かき処 ピクシブ食堂」にて”オフ会「アナログの本気ナイト」”が開催。アナログでイラスト・漫画制作をする人達で集まり、輪を広げよう!という企画の本イベント。

4C9A0391

イベント会場になった「お絵かき処 ピクシブ食堂」。

4C9A0445

pixivといえば壁にはめこまれた絵馬。

4C9A0442

三澤寛志さんによるイラスト。

4C9A0392

会場の机は落描きで埋め尽くされている。

4C9A0446

早速机に描きこむT君とFさん。

 会場に設けられたステージ上にて「即興!うろおぼえお絵かき」が開催。
来場者の皆さんをランダムに抽選してステージで即興のイラスト対決が行われました。審査員は画家の三澤寛志さん。

4C9A0479

4C9A0476

4C9A0493

「即興!うろおぼえお絵かき」のお題として出されたセーラームーン。

4C9A0498

4C9A0487

4C9A0496

「即興!うろおぼえお絵かき」のお題として出された「妖怪ウォッチ」のジバニャン。

4C9A0489

そして最終戦には意外な展開!抽選でMS編集部・木瀬谷と、イラストレーターのFさんが選ばれてステージに登壇。急遽お絵かき対決に参加する事に・・・。お題は国民的ゆるキャラ「ふなっしー」。

4C9A0484

同じく登壇された方の「ふなっしー」。うろ覚えにもかかわらず特徴を捉えています。

4C9A0503

Fさんの描いた「ふなっしー」。やり直しがあるもののイラストレーターだけあって流石に上手。

4C9A0491

MS編集部・木瀬谷の描いた「ふなっしー」。・・・ぶっ飛んでます。

お絵描き対決の結果は、Fさんの勝利!見事商品をゲットしていました。おめでとうございました!

4C9A0480

Fさんには商品の「pixiv祭」はっぴが贈呈された。


イベントを終えて、T君とFさんに「pixiv祭」に参加してみての感想を伺いました。

■pixivにも投稿経験があるとお聞きしましたが、pixivの魅力はどこでしょうか?
T君: 国内の絵描きの大多数の方がアカウントを持っているだけあって、様々なジャンルのイラストを掘っていけるところでしょうか。一番面白いと思うのは、投稿したイラストに対してアクセス解析で人気の傾向を見る機能です。戦略的に絵を描くというゲームとして捉えれば、pixivは最高に面白いイラストSNSだと思います。

■今回のリアルイベントとしてpixiv祭を体験してみて如何でしたでしょうか?
T君: 絵を描かない方々も積極的に楽しんでいたので、そこが良いなあと思いました。また、チームラボさんの「お絵かきピープル」は描いたものに愛着を持つという経験を誰でも実感できるレベルで実現されていて素晴らしかったです。

■「即興!うろおぼえお絵かき」に出場してみて如何でしたでしょうか?
Fさん: お題がふなっしーだったのですが、本当にうろ覚えという感じで…。お題を出してみんなで見せ合って笑う、っていうのが、学生時代に友人とうろ覚えのお絵描きをしたのを思い出して楽しかったです。

また今回のイベントで印象に残った所はどこでしょうか?
Fさん: デジタルのブースです!snsであるpixivが場所を作ってお祭りをするんだけど、そこでアナログに絵を描いたり体を動かしたりという行為をまたデジタルに還元するっていう、デジタルとアナログの両方を体感できるのがよかったです。

次回に行ってほしい企画などありましたら
Fさん: 大きなお祭りでなくても、お絵描きカフェみたいな、お絵描きができる空間がたくさんできたらいいなと思いました。

4C9A0523
一か月に渡って開催された「pixiv祭」。テーマソング「ぴくしぶおんど」が流れる会場で、施設のあちこちに落書きをしたり絵を描いたりする独特の空間に始めは戸惑った筆者も、次第に場に慣れて来て自然とイラストを描きだしていました。普段イラストを描くということが無い人や、人前で描く機会が無い人たちも、上手下手関係なくお絵かきを楽しめるイベントでした。
 [執筆・撮影 木瀬谷カチエ]

関連記事:

関連ニュース

関連まんが