• このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本にゆかりあるマンガ関係者による講義「『熊本』のマンガ凝集力」の第1部で説かれた、マンガがもつ大きな可能性。

「マンガっていうのは、人間の大脳の機能に非常に適した読み物なんですよ。」

「週刊少年ジャンプ」最高部数653万部を達成した元編集長・堀江信彦さんが、マンガがいかに人間の本能に訴える力を持つか、明治大学中野キャンパスに集った聴講者たちへ語る。

「人間の表情は6種類しかない。喜び、悲しみ、怒り、不安、驚き、嫌悪。マンガの特徴はこれらの感情をデフォルメして描いたところにあるんです。こうした顔の表情を読み取るのは、大脳の上丘と呼ばれる本能に近いものをつかさどる器官。だから言葉の壁を飛び越えて世界中の人に感情を伝える力があるんです」

講堂に集まった人へ「マンガの力」を語る堀江さん

講堂に集まった人へ「マンガの力」を語る堀江さん


熊本にゆかりあるマンガ関係者が講話するイベント「熊本県市長会連携講座 中野・熊本・吉祥寺:『熊本』のマンガ凝集力」が10月25日、明治大学中野キャンパスで開催された。同学教授でもあるマンガ研究者・藤本由香里さん、熊本マンガミュージアムプロジェクト代表・橋本博さん、そして現在はマンガ出版社・コアミックスの代表でもある堀江信彦さん――熊本出身でありマンガ関連の各分野で活躍する3者が一堂に会し、それぞれが抱くマンガというメディアの可能性について説いた。

『熊本』のマンガ凝集力ポップ

『熊本』のマンガ凝集力ポップ


イベントは2部制。第1部では「マンガの力」と題し、マンガが表現メディアとしてどれほど優れているかについて、30年以上あらゆるマンガの仕事に携わってきた堀江さんが講演した。
堀江さんによると、顔の表情をデフォルメして描いたマンガは、言葉が理解できなくても大脳へ本能的に感情を訴えられる発明品だとのこと。ほかにも、原稿用紙という限られた空間で伝えなければならないという“制約”が、豊かな表現を生み出していったメディアであるとも話す。

「マンガっていうのは音もないし動きもないからそもそも不自由なメディア。だから物事をうまく表現するために少し“嘘”がいるんです。私が編集者として担当した『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫)には、人間の“秘孔”を突くと体が破裂する設定があります。原哲夫自身も最初は『そんな風になるわけないじゃないですか』と描くのを嫌がったほど非現実的でしたが、こういう嘘を『気が利いた嘘じゃないか』って思って読んでもらうところに、マンガのおもしろさがあります」

サッカーは「手を使ってはいけない」という非現実的な設定を、選手・観戦者がルールとして信じこむことで、ゲームに奥深い素敵なドラマが生まれる。マンガも嘘をリアルだと信じこむことで楽しめる表現が、紙とペンから積極的に生み出されたメディアなのだと述べた。

「人間だけが嘘を嘘だと信じて楽しめる生き物なんですよ。マンガっていうのも私たちだからこそ楽しめる、人間らしいメディアなんです」

まだ都知事を務めていたころの石原慎太郎さんにもこの話をした際は、マンガに懐疑的であった石原さんは、話を聞き終えて「君のご高説はもっともだな」とメモをとったという。

にこやかに、笑い話を織り交ぜながら講義を進めていく

にこやかに、笑い話を織り交ぜながら講義を進めていく


さらに大きな表現力を持つマンガを世界的な産業に発展させていくためには、日本のマンガを翻訳して海外に売り出すことではなく、日本で生まれた「マンガの文法」そのものを輸出していくことが重要だと考える堀江さん。マンガの文法とは、1947年に手塚治虫さんが『新宝島」で生み出した、原稿用紙の中でストーリーの進行をコマ割り・構図で表現する技法だ。

「言葉の壁って想像以上に大きい。例えば『シティハンター』(作者:北条司)には冴羽リョウが女性にスケベ心をもって放つ『もっこり!』ってセリフがあるんです。日本の女性ならクスリと笑ってくれる。だけど海外では該当する言葉がないから、無理やり意味の近い単語に落としこむと、えげつなくて露骨な表現になっちゃうんです」(堀江さん)

いくらマンガのデフォルメ表現が大脳に訴えようが、海外の読者は本来のニュアンスとは異なる翻訳語に引っ張られてしまう。さらには倫理、宗教観の違いで、日本人なら許されるエロスや笑いも海外では通用しないことも多い。堀江さんが過去にアメリカでマンガ誌を創刊したときも、日本で活躍する連載陣をそろえても「全然ダメ」だったそうだ。

4
この経験を踏まえ、「まずは日本の文法を海外へ伝え、そこからその国独自のマンガ産業を育てていくべきだ」と堀江さんは説く。手塚治虫さんから生まれたマンガの文法が、あとから続いたマンガ家たち、出版社の手によって日本ならではのビジネスへ発展していった経緯を、海外でも再現するということだ。

「日本のマンガの文法をまずは海外の若い人たちに教える。その子たちが自分の国に持ち帰った文法で、自分の国の人のために傑作を描く。そうして初めてその国の人々はマンガを知ることになる。日本は平行して、その国でマンガが出版され、流通がなりたつよう働きかけたり教えたりしていく。このようにマンガ産業を育てていくことが、マンガが世界にきっちり輸出される、発信されるということだと思います」

堀江さんはこの理念へ実験的に取り組むかのように、2013年から「サイレントマンガオーディション」を世界で展開している。サイレントマンガとは、言葉を使わずにコマ割り・構成などの演出力や画力、ストーリーだけで表現するマンガ。まさに『新宝島』のようなマンガの原点といえる形式だ。オーディションでは第1回で53の国と地域から514作品の応募があり、今後ますます規模が拡大すれば「マンガの文法」の伝搬に大きな期待が持てる。

「マンガはゲーム化や映画化など、あらゆるメディアのエンターテイメントの源流となりうる。それは何千億円というビジネスになります。その源流であるマンガと、その文法が別個にあることをご理解されれば、マンガを学ぶという価値は、世界の技術に通用する技術を手にするのと同じくらいすごいことなんです」

自分の中にあったマンガの可能性をうんと広げてくれるような話の数々。「マンガに関わることは素敵な商売だよってことを若い方たちには本当に伝えたいかな」と笑って締めた堀江さんに、集まった学生たちは大きな拍手を送った。

第2部では藤本由香里さんが、鳥取県の「水木しげるロード」の成功例を軸に、熊本県天草の島々で「ワンピースランド」を作る構想を展開

第2部では藤本由香里さんが、鳥取県の「水木しげるロード」の成功例を軸に、熊本県天草の島々で「ワンピースランド」を作る構想を展開


最後は橋本博さん交え、熊本出身のマンガ関係者同士で鼎談。熊本にあるマンガの可能性について話に花を咲かせた

最後は橋本博さん交え、熊本出身のマンガ関係者同士で鼎談。熊本にあるマンガの可能性について話に花を咲かせた


[取材・文=黒木貴啓(マンガナイト)]

▼関連リンク

明治大学 熊本県市長会連携講座 中野・熊本・吉祥寺:「熊本」のマンガ凝集力
https://academy.meiji.jp/course/detail/1908/

コアミックス
http://www.coamix.co.jp/

関連記事:

関連ニュース

関連まんが

関連まんがはありません