• このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日(水)~6日(月)の6日間、吉祥寺のギャラリーCLOSETで5人のイラストレーターによる「インスタグラマーズ・マーケット」が開催された。それぞれのイラストレーターがスマートフォン用画像加工アプリ「インスタグラム」で撮った写真をポストカードにして、それらを一挙展示・販売。壁いっぱいにポストカードが飾られた8畳ほどの空間ではグッズの販売やワークショップなども行われ、訪れるだけでも楽しいイベントとなった。

5人のイラストレーターによる「インスタグラムのポストカード屋さん」

過去最大と言われる台風が過ぎ去った10月6日(月)午後。

晴れ間ののぞく吉祥寺に颯爽と上陸したまんがStyleが向かったのは、企画展「インスタグラマーズ・マーケット」。

展示の内容は、イラストレーターの、きはらようすけ・山田雨月・田中草樹・たかしまてつを・井上雪子の5人が、スマートフォン用画像加工アプリ「インスタグラム」で撮った写真のポストカード展だ。

写真のモチーフは、自身が描いたイラストだけでなく風景や猫などさまざま。普段イラストというジャンルで表現をしている彼らが、写真という似て非なるフィールドで作品を生み出したらどんな面白い化学変化が起きるのだろうか?

展示会場のギャラリー「CLOSET」へ

会場は、吉祥寺駅から徒歩5分のギャラリー「CLOSET」。

住所の場所へ辿り着いたものの、すぐに入り口が見当たらない。もしかしてハリー・ポッターの「秘密の部屋」よろしく、強く望まないと姿を現さない建物なのか…!?一瞬、そんな考えが記者の頭をよぎったが、よく目を凝らすと建物のすきまに細い路地があり、その手前に「インスタグラマーズ・マーケット」の看板が出ていたのだった(ただの注意力散漫)。

image001[4]

石畳の道をおそるおそる奥へと進むと、民家の玄関のようなギャラリー入り口が現れた。

image003[4]

中を覗くとそこにはすでに5人のイラストレーターさんの写真とプロフィールが!
ポップな文体の「インスタグラマーズ・マーケット」オリジナルのロゴや、可愛いキャラクターのイラストが視覚とハートを刺激する。うう〜、期待は高まる一方だ。早く見たくて慌てて靴を脱いでいると、奥の階段のほうからにぎやかな話し声が聞こえてきた。それから…、ん?これはウクレレの音?

…なぜウクレレの音が聞こえてくるのかは不明だが、とりあえず展示はこの階段を上ったところでやっている様子。


というわけでさっそく展示会場へ潜入!

image005[4]

image007[4]

image009[4]


階段を上りきるとそこに広がっていたのは、広さ8畳ほどの空間だった。

壁という壁に色とりどりのポストカードが貼られており、なんとも楽しげな雰囲気!

中央のローテーブルにはそれぞれのイラストレーターさんがデザインしたTシャツが並べられ、壁際の棚にはたくさんのキャラクターグッズが並べられていた。

 image011[4]

 image013[4]   各イラストレーター達のキャラクターグッズや書籍の他、本イベント限定のオリジナルグッズ(右奥:インスタくんキーホルダーなど)発売されていた

壁の一画ではインスタグラムで撮った写真のスライドショーも。

 image015[4]

展示最終日ということもあり、フロアはお客さんで大にぎわいだった。この日は、入院中だった山田雨月さん以外の全出展メンバーが在廊していたこともあり、彼らに会うためにたくさんの人が訪れていたのだ。

とそこへ、あれ…なんだか見たことある人が。

 image017[4]

って、ええーーー!!も、もしかして江口寿史先生!!!超多忙な江口先生とバッタリ会えてしまうなんてまんがStyle、なんてラッキー。やっぱり面白いところに面白い人って集まってくるんですね…!

せっかくなので主催のきはらさんと記念に一枚撮らせていただきました。はい、チーズ!

 image019[4]

 

…って、あーーー!ウクレレ!!

もしかしてさっき弾いてたのって…!?とまんがStyleが尋ねると「そう、僕です(笑)」ときはらさん。

聞けばきはらさん、ウクレレが趣味でよく弾いているんだそう。自身が生み出した編みぐるみのデュオ「U900」も、CD4枚をリリースするウクレレ・ミュージシャンなんだとか。なんだか楽しそうー!

そんな、江口先生との奇跡の遭遇と、ウクレレの犯人(笑)判明で興奮冷めやらぬ中、さっそく主催のきはらさんにお話をうかがうことに。

「インスタグラマーズ・マーケット」主催・きはらようすけ氏インタビュー

(ま)まんがStyle

(き)きはらようすけさん

image021[4]

ま:こうしたインスタグラムを使ったイベントをやろうと思ったきっかけはなんですか?

き:山田雨月さんがインスタで公開している写真がすごく上手だったので「展覧会でもやったらどう?」と僕が提案したのが始まりです。やりとりの中で「どうせなら2人でやろう」という話になり、そこに田中さんが加わって3人になり、「ほかにもインスタやってるイラストレーター集めたら面白そうだ」と、たかしまさんと井上さんを誘って5人になりました。

 image023[4]

山田雨月さんの作品達。幻想的な色彩の写真が並ぶ

ま:お客さんの反応はどうでしたか?

き:面白がってくれました。イラストレーターごとに区画をわけてポストカードが貼られているので、この一画は可愛い雰囲気だけど、別の一画は笑える感じだったりと、それぞれ個性的なんです。眺めているだけでも楽しいと思いますし、実際長居してくれる人も多かったですね。

image025[4]

井上雪子さんの作品エリア。ふんわりとした可愛らしい色使いの写真が多い。

 image027[4]

きはらさんの作品の一部。思わず笑ってしまうような「ゆるい」写真がたくさんだ。

ま:たしかに、とてもゆるやかな時間が流れていて、ついゆっくりしてしまいそうです。

き:そうなんですよー。あんまり居心地がいいんで、主催の僕らもほぼ毎日在廊していました(笑)なのでポストカードを買うと、もれなく本人のサインがもらえます(笑)

 image029[4]

ポストカードが売れるたび、サインするのに大忙しだ

ま:こういったイベントをまた開催する予定はありますか?

き:決まった予定はないんですけど、また近々このメンバーで何かやれたらな~と思っています。今回オリジナルグッズを作るときにつかったシルクスクリーンの展示とかやってみたいですね。

 image031[4]

「インスタグラマーズ・マーケット」オリジナルグッズのバッグ。絵柄はシルクスクリーンでプリントされている。

ま:ありがとうございました。

ゆったりとした時間の中で、とっておきのポストカード選びを

展示されているポストカードは、一枚200円で買うこともできる。

まずは気になる区画を探して、その中からさらにお気に入りの一枚を見つける作業は、それだけでもワクワクする体験になりそうだ。

また、ポストカードを見るときに、そのイラストレーターさんが普段描いてるイラストと比較して、やっぱり色使いが似てる、とか、写真だと全然イメージが違う!とか比較しながら見ると面白い。ちなみに、きはらさんの肩の力の抜けた画風がモチーフ選びや画像効果に垣間見えたり、山田雨月さんの耽美的な画風がそのまま写真にも反映されていたりしているのを感じて、彼らの創作の泉を少しだけのぞけたような気分がして嬉しかった。

そうやって作品を見るのは、初めて友達の家族を見るときの感じにちょっと似ていた。

 image033[4]

インタビューの最中も人が入れ替わり立ち替わり訪れ、終始ギャラリー内は活気に満ちていた。

イラストレーターさん達があちこちでサインを書いていたり、子供達のためにガシャポンの準備をしていたり…。

 image035[4]

image037[4]

それでもなんだかホッと落ち着いてしまうのは、きはらさんやイラストレーターのみなさんが気ままに奏でるウクレレの音色のせいかもしれない。

そんなゆっくりとした時間の流れる空間でインスタグラムの写真達に囲まれているうちに、自分もだんだんとインスタグラムがやりたくなってきてしまったのだった。

まんがStyle記者、インスタグラムデビュー!

というわけで取材の最後に、厚かましくもきはらさんにインスタグラムの楽しみ方について教えてもらった。

き:ツイッターの写真バージョンのようなものだと考えると分かりやすいです。自分のアカウントから友人をフォローすることもできますし、「発見」というページから、自分が気になる写真を投稿している人をフォローすることもできます。猫の写真ばかりあげてる人、僕たちみたいに自分の作品の写真をあげているクリエイターなどいろいろいるので、好みの写真を投稿している人を見つけるのも楽しいと思います。するとタイムラインにフォローした人の写真が並ぶので、「いいね!」を押したりコメントをしたりしてみてください。

image039[4]

まんがStyleの取材風景がすでにインスタグラムにアップされていた(早い!)

き:自分が画像をあげるときは、ボタンひとつでいろんな雰囲気に変えられるので、いろいろ試してみてください。使っているうちにお気に入りのフィルタが見つかるはずですよ。ちなみに僕が気に入ってるのは「LO-FI」というフィルタです。

加工が終わったらいよいよ公開ですが、このときキャプションを書くこともできるし、他のSNSと連携しておけば、投稿の度に同時投稿するかどうか選ぶこともできますよ。

ま:なるほど…これなら私にもできそうです!よし!さっそく始めてみます!ありがとうございます!

image041[4]

撮影したら好きなフィルタを選ぶだけ。必要だったらもっとこまかい編集もできる、ときはらさん

このあとすぐにアカウントは取ってみましたが、インスタグラム歴・数日のまんがStyle記者、まだまだフィルタ選びが優柔不断であります。とりあえず今回の出展メンバーのアカウントをフォローして、「インスタグラマーズ・マーケット」気分を引き続きタイムライン上で楽しむことにしようと思います!我ながらナイスアイデア(笑)


次回のイベント開催も期待していますね!

出展イラストレーターの皆様、本日はどうもありがとうございましたー!

 
image043[4]

(左から)田中草樹さん、きはらようすけさん、井上雪子さん、たかしまてつをさん


【作品・告知情報】

「インスタグラマーズ・マーケット」出展イラストレーターさんの作品や、イベントの告知情報です。

《きはらようすけ》

・「ケロケロキングYouTubeチャンネル」
 記事にも登場したウクレレ・デュオ「U900」を見ることができます!

 https://www.youtube.com/user/kerokerokingDX/videos

・ネコマンガ「ちいさなケロレッティ」
 2月に電子書籍化決定!
 http://puratto.homesha.jp/e/p.php?&tag=dt&wx=004

・「ゴー!ゴー!コニーちゃん!」
 『ね~ね~』(主婦と生活社)で連載中!

《井上雪子》

・「はじめてつかう漢字字典」(フレーベル館)

 全イラストを担当。2014年11月中旬発売予定。

・雑誌『げんき』(講談社)にてイラスト掲載中

《田中草樹》

・ツイッター・タンブラーにて毎日1枚の「絵とことば」を公開中。

 Twitter⇒twitter.com/sosoju

 Tumblr⇒sojutanaka.tumblr.com

・「ドーシとケーヨーシ展」

日時:11月22日(土) 14:00-20:00

     23日(日) 11:00-20:00

     24日(月) 11:00-18:00

会場:ギャラリーIrieYawd(表参道)

   東京都渋谷区神宮前4-25-7-302

出展者:高田知枝、田中草樹宮崎千絵(ちえちひろ)角裕美

テーマは「動詞と形容詞を描く」。

4人のイラストレーターがそれぞれの解釈で「動詞」と「形容詞」を描きます。

同じことばでもまったく違う、4者4様の表現をおたのしみください。

展示のほか、本やグッズ販売もありますのでぜひ足を運んでみてください。

《たかしまてつを》

・幻冬舎ウェブサイトにて4コマ漫画「ニワミヤさん」連載中。

 http://www.gentosha.co.jp/niwamiya/

《山田雨月》

・「きのこ旅」(とよ田キノ子著/グラフィック社)

 イラスト、漫画を担当

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766127048?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

 

・「本当にあった笑える話」(ぶんか社)

 12月号(10月末発売)より、6ページエッセイ漫画新連載予定(タイトル未定)

 

[執筆=坂口ナオ 撮影=坂口ナオ/木瀬谷カチエ]

 


関連記事:

関連ニュース

関連まんが