• このエントリーをはてなブックマークに追加
奈央晃徳先生-プロフィール画像

「奈央晃徳」プロフィール

コミックマーケットで講談社の編集者にスカウトされ、大学在学中に朝基まさし、小林尽のアシスタントを務めたのちマガジンSPECIALにてデビュー。代表作「サイコバスターズ」、「トリニティセブン 7人の魔書使い」。「トリニティセブン~」は2014年10月からアニメ放送も予定されている。


twitter:奈央晃徳@naoakinari
奈央晃徳の作品はまんが王国でも配信中!

  • コミックスを買う

    1位シャカリキ!:曽田正人

    ■先生のコメント
    少年漫画とスポーツ漫画の良い所が全て詰まっている作品。高3のデビュー前に当時の編集の方に参考にと進められ読んでみると大ハマり。今では自転車漫画は多数あるが自転車漫画のベースとなっていると言っても過言ではない。

    ■紹介
    坂の町で自転車を愛する少年野々村輝がロードレーサーに乗り、個人ロードレースや「チームロードレース(=チームタイムトライアル)」、ツール・ド・おきなわ等を通じて日本でも有数のヒルクライマーに成長するまでを描いた作品。(wikipediaより)

    曽田正人の作品はまんが王国でも配信中!

  • コミックスを買う

    1位PSYCHO+:藤崎竜

    ■先生のコメント
    当時の『ジャンプ』で異彩を放っていた。作り方も絵に関しても2014年の作品と言われても遜色ない作品。 2巻に入っている読み切り作品『DIGITALIAN』も傑作漫画。当時はPCなどまだまだの時代にあの作品は斬新なストーリだった。

    ■紹介
    緑の目と髪を持つ少年、緑丸。ある日ふと買ったゲームは、なんと実物をゲーム画面同様に動かしてしまうのだ。“電脳少女”雪乃と出会い、2人はゲームの謎を追究する。果たしてこのゲームは…!?

  • コミックスを買う

    1位ドリフターズ:平野耕太

    ■先生のコメント
    平野先生の膨大な知識量にただただ驚かさせられるばかり。戦略、戦術のバリエーションに壮大さに圧巻。とにかく続きが読みたくなる作品。

    ■紹介
    西暦1600年、関ヶ原の戦いの最中、島津の退き口にて敵将井伊直政を相手に殿軍を務めた後に山中を放浪していた島津豊久は、突如左右に様々な扉が並んだ果てしない通路と、その真ん中に置かれた机を前にした謎の男性・紫がいる謎の空間に足を踏み入れる。事態を飲み込めないまま豊久は誰何する間もなく扉の1つに吸い込まれ、何処とも知れぬ地に流れ着く…。(wikipediaより)

    平野耕太の作品はまんが王国で配信中!

関連記事:

関連ニュース

関連まんが