• このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングで「ゴッドサイダー」が再び!

2
今回の赤鮫が行く!!は、クラウドファンディングサイト・FUNDIYで「ゴッドサイダー外伝・制作プロジェクト」を発表された巻来功士先生にお話を聞きました。場所は荻窪のイナズマカフェ。それではどうぞ!

巻来功士先生。荻窪・イナズマカフェにて。

巻来功士先生。荻窪・イナズマカフェにて。


クラウドファンディングで漫画を描くということは今までとは違う試みだと思うのですが、先生としてはどのようなお気持ちですか?
巻来功士先生(以下、巻来)――とても励みになりますね。お金を出してくれる人の顔が見られる分、凄い面白いものを描いてやろうって気になるし、頑張ろうって思うよ。

ひとりひとりの気持ちを受け取るわけですからね。
巻来――応援してくれた人と一緒にキャラクターを考えたりと、面白い刺激になるね。ここ何年かは編集者から指示を出されたりアドバイスをもらうということもなくなってしまっていたので、新たな試みとして良い機会をもらったと思ってる。それに僕の作品にお金を出してくれるってそれだけで凄いことだし、燃えるじゃん!男だったらその期待に応えないとね。

僕もクラウドファンディングに参加させてもらいますので楽しみにしてます!
巻来――ありがとうございます、絶対に面白いものにするから期待してて下さい!

巻来功士の源流

ここからは巻来先生のことについていろいろ聞かせて頂きます。漫画家にはいつ頃からなろうと思っていたのですか?
巻来――小さい頃から漫画家になりたいと思ってたね。「鉄腕アトム」、「オオカミ少年ケン」、「少年ブック」、「少年」、「少年画報」など身近に沢山あったからね。

先生のご両親の年代なら漫画を嫌う方も多かったと思うんですけど、寛大だったんですね。
巻来――そうそう、うちは本なら漫画でも与えてくれたんですよ。あと近所に貸本屋があって、1冊10円で貸してくれてね。お店にある本はほとんど読んじゃったんじゃないかな。

特に影響受けた漫画はありますか?
巻来――桑田二郎先生の「エイトマン」や「ジャガーマン」は大好きだったな。絵がシャープで大人っぽいんだ。桑田先生の漫画の主人公はだいたいスーツを着てて、少年誌でありながら栄養補給をタバコで取るというのがかっこよくて。いまだったらとんでもないけどね(笑)

絵はいつから描いていたのですか?
巻来――物心つく前から描いてたんだけど、小さい頃は体が弱くて幼稚園の頃に肺炎にかかっちゃってね。何カ月か自宅療養することになって、その時はずーっと漫画を描いてましたね。

外に出られなくても、部屋でひたすら漫画を描いていられる環境が逆によかったわけですね。
巻来――退屈はしなかったよね(笑)小学校の低学年のときなんか、あまりにも僕が漫画をたくさん描くから、おじいちゃんが裏の白い広告をたくさん集めてきて、針金で留めてスケッチブックみたいにしてくれたな。ペンを持ち出したのは小学校の高学年の頃。でも当時は原稿のサイズとかわからないから、本当はB4に描くんだけどB5に描いてましたね。はじめて1本の漫画を書き上げたのが小5の時で、当時秋山ジョージ先生が好きで、連載していた「残酷ベイビー」という作品を真似して「ザンコク君」というタイトルで描きました。ギャグ漫画だったけどね。

本格的に漫画家になるためにどうしたんですか?
巻来――あの当時、新人賞の投稿を受け付けていたのが週刊少年ジャンプしかなくてね。フレッシュジャンプ賞っていうんだけど、それに中学1年の頃から投稿し続けていました。で、中3の時に猿のマフィアの漫画を描いて投稿したら、最終候補作まで残ったものだから完全に舞い上がっちゃって。もう道は漫画家しかない!って思ってたんだけど、それからも投稿しては落選、投稿しては落選の毎日で…。高3の時にやっと、まんがくんという雑誌(※現・ヤングサンデー)の石ノ森章太郎賞で佳作をとった時は嬉しかったですね。賞金も3万円もらったし。

それで軌道に乗って上京したんですか?
巻来――そんな簡単には行かなくて、オヤジに大学ぐらいは出とけよって言われて九州産業大学に行ったんですよ。家が建設系の仕事をしてたのでインテリア系のほうに進んだんだけど、毎日毎日、設計図みたいなものを描かされるんだよ。自由に絵を描けるわけじゃないから面白くなくて。だから3年半で中退しちゃった。本当に親不孝ですよね(笑)それで東京に出てきたんですよ。

1

=>上京、そして連載へ
1 2

関連記事:

関連ニュース

関連まんが