• このエントリーをはてなブックマークに追加
やまもとありさ『あいこのまーちゃん』 完成&電子書籍化を目指します!!プロジェクト

やまもとありさ「あいこのまーちゃん」 完成&電子書籍化を目指します!!プロジェクト


連載開始2日前に連載が取り消れたことで物議を醸した、やまもとありさの「あいこのまーちゃん」。この「あいこのまーちゃん」を復活・完結するためのプロジェクトが、本日8月15日(金)よりクラウドファンディングサービス「FUNDIY」にてスタートした。

プロジェクトでは、既に公開中の第1話、および連載に備えて描き上げていた5話までを含めた全11話を制作し、一冊の単行本にすることをを目標としている。その後、電子書籍化して販売する予定だ。

「あいこのまーちゃん」

「あいこのまーちゃん」


主催者であり、作者のやまもとありさは、

「初の連載を待ち望んでいた矢先の出来事で、状況をうまく飲み込めなかったのですが、これではいけないと思い1話をネットで公開した所、本当にたくさんの方に作品を読んで頂き、反響を頂きました。続きを読みたいというお声も頂きました。 連載は中止となってしまいましたが、この作品を読んでもらうために電子書籍での配信の道を選び、この作品を最後まで描き切りたい!その気持ちを原動力に、今回、このプロジェクトを公開することを決めました。」

とこのプロジェクトを立ち上げた動機について述べた。

また、同じマンガ家の佐藤秀峰や諌山創、編集者の八巻和弘らもこの試みに賛同し、それぞれ以下のようなコメントを寄せている。

佐藤秀峰「正直に言うと、『このプロジェクトが大成功して、出版社を見返せてやれたらどんなに痛快だろう?』と思います。でも、それよりも僕は素直にこの物語を最後まで読みたいです。」(一部抜粋)

諫山創「五話まで読んだ感想としては、テーマに対し、忠実で、正直で、倫理的で、完成度が高い。正直!...当初の印象よりはるかにすごくて驚いています!要するに、やまもとありささんが恐いです。」(一部抜粋)

八巻和弘「今回のマンガは、その両方を兼ね備えた新作になりそうで、とても期待しています。出来る事ことなら、ぜひ食事会まで参加して下さい。彼女がなぜこんな不思議なマンガを描くのか、その理由が分かる筈だから。」(一部抜粋)

プロジェクトの目標金額は100万円。支援コースは1,500円から100,000円までの8通りで、それぞれのお返しとして本編PDFデータや「まーちゃん」オリジナルグッズ(ステッカー、パンツ)などが用意されている。やまもとありさ主催の完成記念食事会に参加できるコースも。詳細はプロジェクトページで確認しよう。応募期間は2014年10月14日まで。


■関連リンク
『あいこのまーちゃん』FUNDIYプロジェクトページ
やまもとありさ公式ブログ
漫画onWeb『あいこのまーちゃん』第一話無料公開

関連記事:

関連ニュース

関連まんが